賛否両論となっているようです・・・・・


1月9日に放送されたフジテレビの番組「直撃LIVE グッディ!」で、コメンテーターの北村晴男弁護士(61)が、相撲のルールに対する持論を、かなり高いテンションで怒りながら述べて物議を醸しています。


番組では、横綱・白鵬「張り手」や「かち上げ(肘打ちのようなもの)」の件について報道。これらの行為は相撲のルール違反ではないが、「美しくない」「品格に欠ける」などとして横綱の取り口ではないとされています。



そのような番組の報道に対して、北村弁護士は怒りながら持論を主張。詳細は後に書いてありますが、主張を簡単に説明すると・・・・

・ルール違反ではないことを注意するのは頭がおかしい。

・横審(横綱審議委員会)の年配の方々が、自分たちの美学を押し付けてきた。彼らが長年、品格がどうだとか言い続けているので、一般の人もそんなもんかと思うようになった。

・美しいかどうかは見ている人が判断すること。やっている人は、決められたルールの範囲で全力を尽くすのがプロスポーツ。




ネットでは、そんな彼の持論に賛否両論の声があがっています。


北村弁護士
kitamura_19


番組で北村弁護士は、日本相撲記者クラブ会友の大隅潔の解説に割り込むように、以下のような意見を述べた。

・「ちょっと待って下さい。張り手は禁じ手ではないでしょう。張り差しもルール違反じゃない。これスポーツじゃいんですか、相撲ってのは。頭おかしいんじゃないですか

・大隅さんは「そのへんが、相撲界、横綱の美学」などと説明。それに対して北村弁護士は「美学はそれぞれ自分が考えるもんじゃないですか。横審(横綱審議委員会)の年配の方が、自分が60年、70年、培ってきたものを、人に押し付けてるだけじゃないんですか。ルールはきちんとしましょうよ。ルールの中で戦うのがスポーツでしょ。プロスポーツじゃないんですか、相撲は。なんですか一体




・安藤優子さんは「美しい相撲ってありますよね」などと発言したが、北村弁護士は「美しいか美しくないかは、見ている人が判断すればいいのであって、やってる人はルールの範囲で全力を尽くすんじゃないですか。スポーツってのは」と反論


・安藤さんは「多数の人が、白鵬の取り組みに対する批判を横審に寄せた」などと言ったが、北村弁護士はさらに「横審はわけのわかんない、あいまいなこと言い続けてきました。品格がどうとか。取り口がどうとか。それを言ってきたから一般の方も、そんなもんかなと思って言ってるだけじゃないですか。ルールを明文化するならわかりますよ」と反論

・高橋克実さんが「白鵬が張り手をするようになったのは最近のこと」と説明すると、北村弁護士は「それも自分の身体能力とか状態にあわせて、選手が自分で考えることじゃないんですか。ルールの範囲内で」と発言。高橋さんは「なんで北村弁護士はテンションが高いのか」などとぼやくと、北村弁護士は「全く理解できないからですよ」と発言した

・高橋さんはさらに「子供の頃から、相撲はそういうものだと思っていた」と言うと、北村弁護士は「本当に昔からそうでしたか?それは大鵬(第48代横綱)がそうだったからでしょ」と反論



・その後も「(かち上げが悪かったとされてるが)かち上げはルール違反なんですか?どうかしてますよ。(やりすぎだというが)やりすぎるなとか、そんなスポーツある?ルールの範囲内でやってる。(それが相撲の他のスポーツと違う面白さだというが)どこが面白いの。そんなあいまいなことが。そんなのスポーツじゃない。(肘に巻いているサポーターが悪いなら)サポーターのルールを作ってください」


・白鵬が「なるべくクセ(張り手)を直したい」とコメントしたが、それに対しては「あれだけ言われたら合わせるしかないんですよ」とした

・また安藤さんからは「北村さんがルールを作れば」などと言われたが、北村弁護士は「合理性があるなら作りますよ」などと述べていた



ネットでは、そんな彼の主張に賛否両論。


「言ってること正論」

「よく言った!!」

「みんなが思ってる事をズバッと言ってくれるから気持ちいいな!」


「ルールルールってうるさい」

「相撲はスポーツじゃないと思っている相撲ファンは多いと思うよ」

「弁護士らしく落ち着いて話せないのかね?
理解できないからキレるってwww」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。













































柔道でもそんなこと言われてたけどな・・・・・