実はリオ五輪でもやってた・・・・・・


2月9日に開催され、NHKなどで放送された平昌オリンピックの開会式で、トンガピタ・タウファトファ選手(34)が、上半身裸の肉体美に、テカテカのココナッツオイルを塗って入場したとして話題になっています。


同選手は今回、ノルディックスキー(クロスカントリー)の選手として五輪に出場。実は2年前の五輪ではテコンドーの選手として出場していて、その時も上半身裸にココナッツオイルのスタイルで入場していました。


しかしこの氷点下2.7度といわれる気温の中であのスタイルは特別。ネットでは「開会式の優勝はトンガ」「金メダルあげたい」「服を着せてあげて」などという声があがっています。


tonga_65
画像はhttps://twitter.com/ri__o__n_/status/961953626796118017より


NHKの解説によれば・・・・・・

・トンガの騎手は2016年のリオ五輪でも民族衣装で注目を浴びたピタ・タウファトファ選手である

・アナウンサーたちは「今回もこの寒さの中で!?」「大丈夫でしょうか!?競技に影響がでないといいんですが」と心配していた


tonga_66


別の報道によれば、

スキー転向から1年で冬の祭典に参加。「寒くないよ。トンガから太平洋を航海してきたんだから、こんなのへっちゃらだ」と冗談めかして旗を振った。(スポーツ報知)

http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180209-OHT1T50236.html

とのこと。

他にはバミューダパンツ(ハーフパンツみたいなもの)で登場した地域(英領バミューダ)もあったが、この上半身裸にテカテカオイルはすごい・・・・・

ピタ・タウファトファ選手はオーストラリア生まれのトンガ人選手。

幼いころからテコンドーをしていて、世界テコンドー選手権大会にも2度出場。

2016年のリオ五輪にもテコンドー選手として出場し、1回戦で敗退している。その時も開会式の騎手を務め、上半身裸でココナッツオイルを塗ったスタイルを披露した。閉会式でも同じ姿を披露。踊りまで踊っていた。

職業は、帰る家のない子供たちの支援施設に勤務。

tonga_67



ネットの声を聞いてみましょう。











































どんな結果を残してくれるのか・・・・・