故意でないことを信じたいが・・・・ドーピングで嫌な出来事が続く・・・・・・


開催中の平昌五輪で、日本人選手にドーピングの陽性反応が出た模様です。

陽性反応が出たのは、スピードスケート・男子ショートトラックの斎藤慧選手(21)。所属は神奈川大学。姉もショートトラックの斎藤仁美選手で、姉弟でオリンピック出場ということで注目されていました。


斎藤慧さんの陽性反応は、レース前の抜き打ち検査により発覚した模様。


ドーピングをめぐっては、今年に入りカヌーの鈴木康大選手が、別の選手の飲料に禁止薬物を混入するという事件が発覚して、再発防止が叫ばれている最中。

もし斎藤さんの違反が確定すれば、冬季オリンピックにおいては日本勢初とのこと。斎藤さんはリレーの補欠選手だったということですが・・・・・


下記プロフィール(エントリーシート)画像はJOCのホームページ、就職を希望するアスリートと企業をマッチングする「アスナビ」より。
saito_83
https://www.joc.or.jp/about/athnavi/pdf/saito_kei.pdf


報道によれば、斎藤さんは

ドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。日本オリンピック委員会(JOC)が13日に平昌で詳細を公表する。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてのケースとなる

https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/shorttrack/news/201802130000039.html
とのこと。

まだ違反は確定していませんが・・・・・違反だったとして、故意なのかどうか・・・・・・

前掲のPDFによると、斎藤慧さんは光明学園相模原高卒。神奈川大学人間科学部在学中で、今年3月に卒業見込み。

平成25年、26年、世界ジュニア選手権大会の3000メートルリレーで3位などの成績を残している。


支援先企業への自己PR文には

私は体格も小さく、とび抜けた才能があるわけではありませんが、どのような状況
でもあきらめず、最後までやり抜く努力をしました

私の長所は「人を信じる力」があることです

などと書かれています。
https://www.joc.or.jp/about/athnavi/pdf/saito_kei.pdf


故意でないことを信じたいが・・・・・


ネットでは、そんなドーピング陽性反応が話題に。
ネットの声を聞いてみましょう。










































カヌーからの嫌な流れだな・・・・・