これはまた痛い親・・・・・・・


3月8日に放送された日本テレビの番組「グサッとアカデミア」に、タレントの渡辺美奈代さん(48)が出演。


息子でヒップホップアーティストの矢島愛弥さん(20)に対する溺愛ぶりが度々話題になる渡辺さん。


矢島愛弥さんは「親の七光り」だと言われ色眼鏡で見られ、実力を認められないことを嫌がっていて、渡辺さん自身もそんな息子を可哀想だと思っているとのこと。


司会の林修先生は、渡辺さんに「息子を自立させるべき」とアドバイス。しかし渡辺さんは「必要あります?」と反発して・・・・・・


ネットでは、そんな渡辺さんが物議を醸していて「渡辺美奈代みたいな母親最悪。自覚無いのが更に痛い!」「モンスターペアレント臭がするわ」「自分が過保護だと理解できない痛い親」などという声があがっています。

また、こうやって番組に出演すること自体が息子に迷惑をかけているとして「息子を商売として利用しまくってて、息子が偏見持たれて可哀想とか言ってるの怖い」「二世と言われるのが可哀想とかいいながら番組でその話題出してくるってのがヤラセ感」「「毒親キャラ」で残ろうとしてる」などという声もあがっています。


watanabe_203
画像は https://matome.naver.jp/odai/2150955004691217401より


番組によれば・・・・・・

・渡辺さんの親バカともいえる溺愛ぶりが最近度々話題になる。渡辺さんは、息子が「二世タレント」だと言われるのが可哀想だと思っていて、息子自身も「お母さんの名前がいつもでてくるのが悔しい」とのこと



・そんな渡辺さんに対して、林修先生は「お母さんから見て、息子さんは自立している?」と質問。渡辺さんは「そうですね」と答えていた。

・だがよく聞いてみると、一人暮らしもさせていないし、ご飯も作ってあげているし、洗濯物もしてあげている。アルバイト先は旦那のコネで入れてもらったという

・林先生は「(親子の)距離感に問題がある。自立させたいなら、日常は自分でさせるのが基本」と助言。しかし渡辺さんは「ん?お食事も自分で作ってっていうことですか?一人暮しさせろ派ですか?」と反発


・林先生は、一人で生活していくことでいろんなことを学び、自立できるようになると助言したが、渡辺さんは「それって必要ですか?」と疑問を呈していた。渡辺さんは「いつかはしなければならないことを、わざわざ親から(言う必要ある)?」という考えのようだ


・林先生は「一番問題があるのは、本人(渡辺さん)が問題があることを認めないケース」と断じた


・また、ネット上では、渡辺さんの「主人のー↑ 知っているー↑ お店にー↑」などと語尾を伸ばして上げる喋り方にも批判があった



渡辺美奈代さんは愛知県出身。1985年に「夕やけニャンニャン」のオーディションで合格し、おニャン子クラブのメンバーになる。

1996年に結婚。相手はバンドのボーカルをしていた矢島昌樹さん。




ネットの声を聞いてみましょう。











































完全にキャラ作りだろうな・・・・・・