いずれ正式発表がある思いますが・・・・・・


3月10日に開催されたJリーグ、柏レイソル 対 セレッソ大阪の試合において、セレッソのゴールキーパー、金鎮鉉(キム・ジンヒョン)選手が審判に何かを訴え、試合が中断する事態となり物議を醸しています。

この原因となったのは、柏レイソルの一部サポーターによるキム・ジンヒョン選手に対するヤジや、「釣り目」を表すポーズといった差別行為だと言われています。まだ確定はしていませんが・・・・・・


ネットではこの件をめぐって大騒ぎになり、柏サポに対する批判の声が続出しています。

動画


動画では、ジンヒョン選手が審判に何かを訴え、その後客席に視線が向かってる。柏の選手らがサポーターに何かを言っている。


キム・ジンヒョン選手
jin_223
画像はhttps://matome.naver.jp/odai/2146727881485263201より


スポニチの報道によれば

試合後、柏の河原正明運営担当は「柏のゴール裏から、指を使って目をつり上げたと思われるジェスチャーがあったと聞いています」と説明

C大阪の玉田稔社長は「ジンヒョンは長いこと日本でプレーをしていて、我慢できる範囲もあるだろうけど、今日は(我慢)できなかった。あのおとなしいジンヒョンがかなり頭にきていた」

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/10/kiji/20180310s00002179188000c.html
とのこと。

ジンヒョン選手はおとなしい選手としてファンの間でも知られていて、よほどのことがあったのか・・・・・・

金 鎭鉉(キム・ジンヒョン)選手は韓国代表のサッカー選手。GK。

2008年に練習生としてセレッソに入団。次の年から正GKとなっている。2014年にセレッソがJ2に降格した際も残留。

日本語も堪能。



ネットの声を聞いてみましょう。








































処分がありそうだが・・・・・