珍しいものを見た・・・・・・

4月15日に放送されたフジテレビのアニメ番組「ちびまる子ちゃん」で、まる子の祖母である「さくらこたけ(声:佐々木優子)」が、2人いたシーンがあったとして物議を醸しています。

maruko_9
画像は https://twitter.com/shnss/status/985451060608229377より

手前の右側にあるのはおばあちゃんの頭。テレビの横にいるのもおばあちゃん。

これは一体・・・・・!?


問題が発生したのは「中野さん、さくら家に泊まるの巻」というお話。ストーリーは・・・・

・まる子の祖父・友蔵の友人である、中野さんという温水洋一さん似の爺さん(声:麻生智久)が、さくら家に遊びに来たのだが、帰り際に自分の家の鍵がないことに気付いた

・しかも中野さんの奥さんは親戚の家に泊まりに行ったとかで、家に電話して確かめることもできない

・とりあえず家に戻ろうとしたが、雨が降っていて帰宅困難。さくら家に泊まることになった


・夕食時となり、さくら家でテレビのチャンネル権争いが勃発。まる子と姉のさきこは歌番組、父のヒロシはドラマを観たがった。そこで、ゲストの中野さんに決めてもらうことに。


・板挟みになり悩む中野さん。悩んだ末、中野さんはとっさに「この時間はよく、囲碁番組を見ています」と第三の選択肢を示した

・その意見に友蔵が「おお、ちょうどやっとるな」と乗っかり、祖母・こたけが「どれどれ」と席を立ち、テレビに向かった

・そしてこたけがチャンネルを回した後のシーンが、このシーンである

maruko_9


チャンネルを回したのもおばあちゃん、自分の席にいるのもおばあちゃんである



・結局、中野さんの鍵は、自宅にあったという


なおエンディングのクレジットによると、絵コンテ・演出は岡英和さん、作画監督は荻野紀子さん、動画検査は長澤美奈子さんなどとなっている。


ネットでは、


「おばあちゃんが幽体離脱した」

「おばあちゃんドッペルゲンガーいる説」

「あれが作画ミスか!ってなった」

「おばあちゃんの分身登場したってマジか」

「増殖バグ」

「分裂」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。


































これが放送事故ってやつか・・・・・・