一生懸命やろうとしているのはわかるが・・・・・・・

4月16日に放送されたNHKの番組「あさイチ」に、タレントの中山秀征さん(50)が出演。

この日のメインテーマは「"発達障害かも"と言われたら」ということで、発達障害かもしれないグレーゾーンに関する悩みの話題だったのですが・・・・

nakayama_23
画像は https://matome.naver.jp/odai/2137391209074415501より


番組内で述べた中山さんの持論に、ネットでは「綺麗事を言って発達障害の子を苦しめている」「まったく発達障害がわかっていない」「マジで黙って」などという声が・・・・・


・「発達障害(グレーゾーン)であることを、本人(子供)に伝えるべきか?」という話題。

・児童精神科医の吉川徹氏は「親と子の見方を、だんだんすり合わせていくことはやっていい。年齢が低くても、こんなことが得意、こんなことが苦手、こんな時は手伝いがほしい、というの(すり合わせ)はあっても悪くない。それがある程度積み重なってくると、"こういうことが得意、こういうことが苦手、こういうこと手伝いがほしい、そういう子供を、こんな名前(障害名)で呼んでるんだよ"と伝えることが安全にできる」「(親元を離れるときには)困った時に相談する先を伝えておくのも悪いことではない」などと説明した

・その話を聞いて、中山さんは「小さいうちだと理解っていうのが難しいから、発達障害という言葉がどうなんだろう。言い方として。一括りみたいにされちゃうし」と話したうえ「さっきもあったけど、できることを伸ばしていくことを考えたほうが(いい)。できないことはみんなあるじゃないですか。全部がちゃんとできないなんてことは全然なくて、できないことがあってもできることで補えるから。僕らの世界もどっちかっていうとそうで、大半ができないんですよ僕ら。日常生活の。ところが芝居ができたり、歌だけ長けてたりとか、世間話だったらいくらでもできるとか、欠けてるだらけなんですよ。それを自分で補った気はしますよね」と述べた



・また「子供に発達障害の疑いがあるのに、検査を受けさせることを周囲(父親、祖父祖母、先生など)から反対される」という話題では、中山さんは「親の理想と合わないと、周りにも気づかれたくないから隠す、みたいな風潮があるかもしれない。だから人に言いたくないとか、はっきりさせるなとか。でも、それって親の理想じゃないですか」と話し「例えば、頭がすごく良いのにスポーツができないと、"なんで運動できないんだ"って子供に(スポーツを)やらせたりとか。"頭がいいんだらいいじゃねえか"って俺なんか思うんだけど。親は両方できてほしいわけだよね。"スポーツばっかりやってすごいけど頭は悪いじゃねぇか"って言って、これもまたどうなんだろう。両方できれば一番いいんでしょうけど、でも何かができたら、俺は良い気がするんだけど。あんまり欲を親が持たないほうがいいんじゃないかと思うんですけど」と持論を述べた

・話題から外れたので、大吉さんが「じゃあ、話を戻しますけど、吉川さん、お父さんが反対していても強引にでも相談は行ったほうが?」と、話を戻した


・「発達障害の検査の時、(発達障害の疑いがある)小さい子供は、検査中の1時間、じっとしているのが我慢できなくて動き回ってしまう」という話題になった時は、「逆にあれで1時間じっとしている子供のほうがあぶねえんじゃねえか」「難しいですね、子供らしさを全部失うと普通で、子供らしさが全面に出ていると発達障害に見えてくる。そのへんの判断って難しいね」などと述べていた


ネットでは、医学的根拠のある発達障害と、単なる得意不得意を混同して論じる中山さんの意見が物議を醸していた。また、中山さんは司会者ではないにも関わらず、いつもの癖なのか、司会者のように振る舞って、他の人の意見や先生の説明にいちいち相槌を打ったりしていたことにも、ネット上では批判もあった。



中山秀征さんは群馬県出身。東京都立久留米高中退。1982年に俳優として芸能界デビュー。当時中学生だった。
1985年にお笑いコンビ「ABブラザーズ」を結成、テレビ番組「ライオンのいただきます」でデビューした。その後俳優・タレントとして活躍、1990年代から2000年代にかけ多数のレギュラー番組を持っていた。

司会者としてのテレビ出演も多く、現在は日本テレビ「シューイチ」(毎週日曜朝)や、「クイズタイムショック」「クイズ・ドレミファドン!」(不定期)などの司会も務めている。



ネットでは、


「中山秀征みたいに綺麗事を言う大人が、発達障害の子供達を一番苦しめる発言だと言う事を分かって欲しい」

「発達障害を全くわかってないな 例えがおかしい」

「コメント、一生懸命なのはわかるんだけど、申し訳ないがいちいちカチンと来る」


などという声があがっています。一方で中山さんの意見に理解を示す声もありますが・・・・・・

ネットの声を聞いてみましょう。












































ゲストより司会向きなんだろうな・・・・・・