これは逆効果という声が・・・・・・・


漫画・アニメの「北斗の拳」のキャラクター、ハート様RIZAP(ライザップ)に成功。その肉体から脂肪がすっかりなくなり筋肉ムキムキになったのですが、ネットではこれが逆に「弱体化したのでは」と物議を醸しています。

hato_73
画像は http://news.livedoor.com/article/detail/14712766/より

左が元の体、右がコミットした体。特徴的であり、彼の持ち味だったはずの脂肪がなくなってしまって・・・・・

上記記事の報道によれば

“ハート”は、KINGを名乗るシンの部下の1人。どんな攻撃も吸収してしまう「拳法殺し」といわれた脂肪の塊のような肉体を持つ

RIZAPのメソッドで「結果にコミット」し、見違えるほどスマートになり理想のボディを手に入れた、というのが今回の企画

とのこと。


更に詳しくは、以下のライザップの「北斗の拳 35周年 コラボキャンペーン」の特設ページを参照。

https://www.rizap.jp/lp/hkt_0420pc/


上記特設サイトでは、ハート様が「見てくれよ!最高のボディを手に入れたぜ」などと言っていますが、ネットでは、彼が弱体化していると心配の声が。

ケンシロウの「お前はもうコミットされている!!」という謎のセリフも虚しく・・・・・



ハート様は元々、肉体が脂肪に包まれていて、その体は攻撃を吸収する「拳法殺し」と言われていた。しかしこのダイエットによってその最大の特徴が失われることになった。

ネットでは、そんなハートのライザップが話題に。


「コミットしちゃったら完全に弱体化じゃん」

「失望したよ・・・自らの強みを捨ててまでモテたいなんて」

「あの体だったから割と頑張ったのに筋肉になったらケンシロウに瞬殺されてしまう」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。











































そんなにモテたかったのか・・・・・