ネットでは、長友選手だろうという見方が有力となっています・・・・・


FIFAワールドカップ・ロシア大会でベスト16となった、サッカー日本代表の西野朗監督(63)長谷部誠キャプテン(34)が帰国会見を行ったのですが、その中で西野監督が「ある小さい選手がミーティングでいきなり泣き出して、思いを語った」というエピソードを披露して話題になっています。

nisino_339


果たして誰なのか・・・・・

会見では・・・・・

・記者から「ベルギー戦終了から帰国するまでに、選手と話す機会もあったと思います。選手にどのような言葉をかましたか?」と質問があった。

・西野監督は、隣の長谷部キャプテンに「そうですね・・・・何言ったっけ?」と聞きつつ「ある選手が、グループステージを突破した翌日のミーティングでいきなり発言して、まあ小さい選手なんですけど・・・・」と発言

・長谷部キャプテンはその発言にニヤニヤしていた

nisino_341


・西野監督は続けて「まあ、ブラジル(2014年のワールドカップ・ブラジル大会)の話をしたかったんでしょうけど、ブラジルという言葉をぽっと言った瞬間に、言葉を詰まらせたんですね。その後、泣きじゃくりながら、なんとか、ブラジルからの思いを(話した)。


グループステージをなんとか突破した翌日の話なので、おそらく(4年前を)回想しながら、詰まってしまった瞬間が、ミーティングルームであったんですけど。

僕もやっぱり選手たちに、ロストフ(ベルギー戦の会場)のベルギー戦終わったあとの倒れ込んで、背中に感じた芝生の感触、それで見上げた空の色だか感じだか、それは忘れるな、ベンチで座っていた選手たちの居心地の悪いベンチのお尻の下の感触を忘れるなと、そういう思いで。


僕が言わなくても、その、小さい選手がグループステージ突破した翌日に話してくれたことは、これからのやはり4年・・・・4年ではないですね、早い段階で世界に追いつける、そういう姿勢というか、与えてくれた選手がいたので、私自身もそういう話はさせてもらいましたけど。


まあ、あの悔しさというのは、僕自身も感じたことないです。残り30分の、自分の判断の猶予もない中の、おそらくピッチ上にいた選手も3点目がいけるんじゃないかと戦ってるぐらいアグレッシブに、あのベルギーに対していけた、だけど残り30分でああいう状況になって何も修正できなかったという、あれが世界だと思いますし、あれに対抗していくのがこれからですので、とにかく前へ、という中の、日々鍛えて、成長していかなきゃいけないねという話でしょうか」と述べた。


ネットで話題になっているのは、西野監督が繰り返し話した「ある小さい選手」が誰かということ。

西野監督の話によると、4年前のW杯ブラジル大会を経験した選手で、かつ、泣きじゃくりながら悔しい思いを伝えるようなキャラの選手。

ネットでは、長友佑都選手(31歳、身長170cm)が最有力だとみられているようです。
nagatomo_109

今大会で長友さんは、ピッチの中での活躍はもちろん、ピッチの外でもムードメーカーとしてチームをまとめたと評価されている。


参考動画(29分30秒~)



ネットの声を聞いてみましょう。
































ミーティングでいきなり発言して泣き出すなんて、熱いな・・・・・