多くの人が、違和感なしのようで・・・・・

7月6日に放送されたテレビ朝日のアニメ番組「クレヨンしんちゃん」は、しんのすけ役が前回で降板した矢島晶子さん(51)から、小林由美子さん(39)になって初めての放送。

オープニングの挨拶に続き、オープニング曲(今回からゆずの「マスカット」になった)、そして最初の「ソフトクリームはおいしいゾ」という話が放送されました。


sinchan_11
画像は小林さんご本人のツイッターより

小林さんに代わって初回の放送に、ネットの声は・・・・?

参考動画






矢島さん版と聴き比べたい場合は以下の記事を参照。

【クレヨンしんちゃん/動画】矢島晶子さん版・最終回「いつものオラだゾ」に「泣ける」「感動した」「感慨深い」の声
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52170666.html


元の矢島晶子さんと比べると、違う声ではあるもの、喋り方やテンポは似せてきているようだ。


小林由美子さんは千葉県出身。和洋女子大卒。「シスター・プリンセス」の衛、「電脳冒険記ウェブダイバー」の結城ケント、「デュエル・マスターズ」シリーズの切札勝舞など、「妖逆門」の多聞三志郎、「テニスの王子様」シリーズの壇太一、「焼きたて!!ジャぱん」の東和馬、「電脳コイル」のアキラ、「テイルズ オブ ジ アビス」のイオンなど、「鬼灯の冷徹」のシロといったキャラクターを演じてきた他、吹き替え声優としても活躍。

所属はフリー。2006年に結婚し、2011年、2017年にそれぞれ女児と男児を出産している。少年声に定評がある。


1992年の放送開始からしんのすけ役をつとめてきた矢島晶子さんは、放送開始当初は、いまではおなじみの抑揚のある発声ではなく、高い声だった。1993年頃から徐々に特徴的な声の出し方になっていったが、矢島さん本来の声とはかけ離れていったことで、最終的に「しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった」との理由で降板することになったと思われる。


小林由美子さんは矢島さんのやり方を受け継いだことになる。長くできるとよいが・・・・



ネットでは、


「驚くほど違和感がない。これはすごい」

「これが小林由美子さんなのかー!声優ってすげえ!」

「思ったより違ってた笑でも小林由美子さん好きだから許す」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。






































これはいつか小さな違和感も消えそう・・・・・