一連の情報を広島県警が否定した形ですが、災害に乗じた盗難や詐欺にはご用心ください。


西日本の豪雨(平成30年7月豪雨)の被災地で、火事場泥棒の窃盗団による被害があったなどという情報がSNSで拡散しているのですが、広島県警察本部が公式サイトおよびツイッターで「デマ情報に惑わされないで」と注意喚起しています。

hirosima_381
画像はhttps://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/318287.pdfのキャプチャより

公式ツイッターでも告知されている。



ツイッターでは、岡山県倉敷市の真備地区や広島県の熊野町などで窃盗団が出現しているという情報が相次いでいた。

窃盗団の車両を特定する情報として、大阪ナンバー、倉敷ナンバー、岡山ナンバー、車種はパジェロやセレナ、色は白、レスキュー服を着用している、消防服を着ている、自衛隊の服を着ている、などという情報もあった。

広島県警が発信した「デマ情報」とは上記の情報が相当すると思われる。

出回ってる画像の一例。
dorobo_379

このような画像や、類似のLINE、ブログなどの画像が数多くリツイートされたり、投稿されたりしていた。親切心でしている人も多いと思うが、広島県警は「不確定な情報をSNSなどで拡散させないでください」と呼びかけている。


このようなデマは、以前に発生した自然災害の際もネット上に出回ったため、注意が必要であるが、いざその時となると、今回のように親切心も加わってデマに加担してしまうようだ。

出回っている画像では、「警察通報済み」とされているが、警察が事実を把握していないということはデマで間違いなさそうだ。

再掲
dorobo_379



広島県警の発表によれば、

現在,SNSなどで「レスキュー隊のような服を
着た窃盗グループが被災地に入っている」「犯人が
乗っている車は○○で,ナンバーは○○○○」など
といった情報が拡散されていますが,警察では,そ
のような事実は把握していません。


冷静に行動するために
・被災地を狙った盗難被害には十分に注意してください。
・デマ情報(フェイクニュース)の可能性が疑われる場合は,情報の発信元を確認しましょう。
・不確定な情報をSNSなどで拡散させないでください。
・不確定な情報に惑わされることなく,冷静な行動に努めましょう。

とのこと。


【参考記事】【泥棒?】西日本豪雨の被災地・真備などに窃盗団か。大阪ナンバーや複数の車種、レスキュー服着用など情報が出回る。デマの可能性も
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52207893.html



ネットでは、デマの流布に対する批判の声があがっています。
































ただし用心に越したことはないと思います。