用途として、表向きにうたっているわけではありませんので注意・・・・・・・


大幸薬品が、正露丸の主成分である「木クレオソート」が「アニサキスの活動を抑える効果がある」として、活用に関する特許を取得していたと報道されています。

seirogan_383

正露丸は、日露戦争の頃にロシアを征伐するという意味で「征露丸」という字だったこともあり、日露戦争後は「ロシアを倒した万能薬」と言われて普及したそうですが、まさかアニサキスにまで・・・・

水産業などのニュースサイト・みなと新聞の報道によれば

大きな波紋を呼んだ昨年のアニサキス騒動。水産業界内では「騒ぎすぎ」との声が大半を占める中、「正露丸をのめば大丈夫」と言う業界関係者もいる。木クレオソートはアニサキス症用薬剤としては「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法)で認められていないため、用途として表向きにはうたえない。ただ活用に関する特許は取得している

木クレオソートには、食事中または食後の服用で、症状が軽減されたり、起こさなかったりと、アニサキス症の発症予防を期待する報告もある

胃アニサキス症などを発症して内視鏡摘出が必要になった場合に木クレオソートを含む正露丸を服用すると、アニサキスの動きが鈍くなって痛みが和らぐ他、摘出が容易になる

とのこと。


アニサキスは魚介類に寄生する寄生虫・線虫。生きたアニサキスを食べてしまうことにより発症するアニサキス症は、腹痛や嘔吐などの症状があり、刺し身など魚介類を生で食べる日本の食文化においては、感染リスクが高いとされる。


実はこの木クレオソートとアニサキスに関する特許は、大幸薬品が2010年に出願、2014年に取得したものであるが、今になってヤフーニュースにとりあげられ、昨今のアニサキス騒動もあって話題になったようだ。



ただ、繰り返すとおり正露丸はアニサキス症の症状を緩和することはうたっていない。医療機関を受診することが必要である。


ネットでは、そんな正露丸の効果が話題に。


「マジ万能薬」

「正露丸てラストエリクサーなの?」

「もはやロシアどころか世界を制することができるのでは?」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



























繰り返しますがアニサキス症になったらまずは医療機関を受診ください・・・・・・