けやき坂のファンからは歓迎の声もあるようですが・・・・・・


魔法少女まどか☆マギカ」の外伝作品でスマホ向けゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」が舞台化されると発表されたのですが、ファンから多数の反発の声があがっている模様です。


また、アイドルグループ「けやき坂46」(ひらがなけやき)のメンバーがメインキャストを務めるとも発表されていて、これも物議を醸しています。


舞台制作会社「ネルケプランニング」から、以下のように発表されている。


しかしリプ欄では・・・・
magia_404


また、マギアレコード公式からも以下のように発表されている。


こちらもリプ欄はほとんど地獄に・・・・・
magia_405


どうなってしまうのか・・・・・?


ネルケプランニングの発表によれば

劇場:TBS赤坂ACTシアター
原作:Magica Quartet
演出:児玉明子
脚本:畑 雅文
主催 :舞台「マギアレコード」製作委員会

とのこと。なお上演期間は8月24日(金)~9月9日(日)。

演出家の児玉明子さんは、1997年から2013年まで宝塚歌劇団に勤務し、脚本・演出を務めてきた。宝塚歌劇団を退職後は、ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」、ライブ・インパクト「進撃の巨人」、ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-」、舞台「『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」などの作品を手がけている。

一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会の会員である。



「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、昨年8月に配信開始されたスマホ向けゲーム。テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝。

「けやき坂46」は、別名「ひらがなけやき」と呼ばれるグループ(漢字の「欅坂46」ではない)。



ネットでは、そんな舞台化が話題に・・・・・批判が多数ですが、一部では歓迎の声もあるようです。

ネットの声を聞いてみましょう。














































けやき坂ファン向けだろうか・・・・・