ミュージカル「刀剣乱舞」 ~阿津賀志山異聞2018 巴里~公演に出演予定だった俳優の北園涼さん(26歳、小狐丸役)が、「網膜剥離」の診断を受けたとして、手術をすることが発表されてます。

この影響により、7月15日の公演(パレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場)は声のみの出演となるとのこと。

zono_13
画像はmatome.naver.jpより

ネットで話題になっているのは、北園さんが網膜剥離となった原因が「カラコン(カラーコンタクトレンズ)」の着用にあるのではないかということ。この手のミュージカルではカラコンの着用が多いためとみられます。


しかしその後、「カラコンと網膜剥離は無関係」との意見が多数あがり、「原因はカラコン」だというデマ情報を流した人への批判の声もあがっています。


ミュージカル『刀剣乱舞』公式サイトの発表によれば

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞2018 巴里~公演に出演を発表しております小狐丸役、北園 涼さんにつきまして、視力が低下する症状がみられ、専門医より網膜剥離との診断を受けたため、近日中に現地の病院において手術を行うこととなりました。

医師の見解に基づき、パレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場において7月15日に上演を予定しております2公演につきましては、声のみでの出演とさせていただくことをご報告させていただきます。

とのこと。


このように、原因については明記されていません。しかし、「2.5次元」と呼ばれる舞台においては目にカラコンを着用することが一般的になっていて、ネットではそれが原因だと推定または断定するような書き込みが相次いでいた。


ここで、網膜とは「眼球の後ろ側の内壁を覆う薄い膜状の組織」である。以下の図のRetinaである。

zono_15

網膜剥離とは

原因:目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状だが、加齢により一部が液状化し、ゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになる。その際硝子体に網膜が引っ張られると裂け目(裂孔)ができることがある。裂け目から水が入ると網膜がはがれ、網膜剥離となる。

網膜剥離にかかるケース:裂孔原性網膜剥離は20代と40代で罹患確率が高くなる。40代以上になると硝子体の老化が進むため、網膜剥離に罹患する確率が高くなる。該当する場合は半年~1年の範囲で定期的な検査が必要となる。

眼球に強い衝撃を加えられるとかかりやすい。特に、格闘技を行う者は頭部を直接打撃される頻度が非常に多いため、網膜剥離にかかる危険性が高いことで知られている。(Wikipedia)



上記のように若い人については、ボクシングなどの格闘技によって網膜剥離になるケースが知られている。


網膜剥離の原因がカラコンだという人の中には、「角膜剥離」と混同した人がいたかもしれない。

角膜剥離とは

眼の角膜の表面が擦れてできる傷である。 症状は痛み、発赤、光過敏、眼に異物が刺さってるような感覚などである。 ほとんどの人は3日以内に完治する。

多くの場合、コンタクトレンズや爪による軽度の外傷である(Wikipedia)


角膜は、図のCorneaにあたる。

zono_15



北園涼さんは鹿児島県出身。2014年にデビュー。今年5月に鹿児島県の広報大使・薩摩大使を委嘱されている。身長184.5cm。


ネットでは、そんな彼の網膜剥離が話題に。原因がカラコンではないかという情報が流れたことで、混乱も広がっています。ネットの声を聞いてみましょう。















































お大事に・・・・・