7月22日に放送されたNHKの大河ドラマ「西郷どん」に、プロレスラーの長州力さん(66)が出演。

長州藩士・来島又兵衛役で、大将として長州軍の遊撃隊を率いて会津軍や薩摩軍と戦闘したのですが、その際に「リキラリアット」が出たとして話題になっています。

chosyu_80
画像はtwitter.comより

リキラリアットは、長州力さん代表的な技の一つ。ラリアットのはしりである。

この日は「禁門の変(蛤御門の変、1864年)」の回だった。


長州軍の遊撃隊を率いた来島又兵衛役の長州力さんにはセリフもあり、「相手はにっくき会津の兵どもじゃ。遠慮はいらん!叩き潰せ!!」「かかれー!!」「おのれ薩賊めが」などと発言していた。

来島は奮闘し、ラリアットで敵兵をなぎ倒した。

chosyu_81


参考動画







しかし敵の攻撃は大将である来島に集中。銃弾を受け、あっさり討ち取られた。


リングネーム長州力こと吉田光雄(韓国名:郭光雄)は、山口県出身。在日韓国人2世として生まれ、2016年に日本に帰化。長州藩は今の山口県である。



ネットでは、そんな彼のラリアットが話題に。


「リキラリアットが大河で観られるなんて夢みたい」

「あの緊迫のシーンで長州藩のリキラリアットは卑怯だろ」

「これ完全にネタだろwwww」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。































プロレスファンも大満足だろうか・・・・・