8月10日に放送されたTBSの番組「あさチャン!」で、「スマ墓(スマボ)」という画期的なサービスが紹介され、ネットに衝撃が広がっています。


スマートフォンを使うサービスで、静岡県のある寺では今年から運用を開始したとか。

sumabo_26
画像はtwitter.comより

実際に墓石はないものの、バーチャル空間に存在し、設定次第では故人からのメッセージが聞けたり、お墓に行かずにお参りできたりする、新たな「弔い」の形だというのですが・・・・・?

番組によれば、

・静岡県伊東市にある願行寺では、墓石を置く代わりに樹木を植える「樹木葬」が行われている。費用が安く、近年注目されているという

・その樹木葬の草むらにスマホをかざすと、画面に墓石が映し出される

・スマートフォンで、バーチャル空間にお墓を出現させる「スマ墓」サービスである

sumabo_27


・樹木葬の利用者から「目に見えるお墓がないのは味気ない」という要望を受け、今年から新たにサービスを開始した

・事前に登録しておけば、スマホの中に故人が現れてしゃべる。番組では、おばあちゃんが「みんな来てくれてありがとう」と話していた

sumabo_26


・設定次第では、家でもお墓参りが可能

・利用者は「お参りする回数が増えますので、ご先祖様にも喜んでもらえるのではないか」と話す


・別の利用者夫婦は、大事に育てたペット(モルモット)にあてたメッセージを生前に残しておくことで「私達が死んでも寂しい思いはさせたくない」と話していた


暑い夏でも涼しくお墓参りができる、気軽に何度でもお墓参りできるといった利点もあるようだ。



なお、お参り系サービスにおいては近年革新が続いており、代表例としてはソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」君によるペッパー僧侶というサービスも存在する。

【参考記事】ペッパー僧侶、年内デビューか。4宗派、説法にも対応も「理解に苦しむ」「怖い」「ありがたみない」と物議
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/50784680.html



ネットでは、そんな新サービスが話題に。


「あかん 罰当たりwwwwwww」

「墓参りに行かずに墓参りできるってそれは墓参りとか言えないだろうし、それでいいのか日本」

「お手軽だけど、心はこもってるから良いね」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。





























常識が新しくなっていく・・・・・