歌手の沢田研二さん(70)が、10月17日の「さいたまスーパーアリーナ」での公演を直前に中止した理由について「観客動員に関する契約上の問題」だったと明らかにしました。

公演中止の理由をめぐっては、脱原発の署名活動をしようとして拒否された、演出上の問題が判明した、警備上のトラブル、本人の体調の問題など、様々な情報や憶測がネットやテレビ番組で報道され、物議を醸していたところでした。


あとインタビューに応じる沢田さんが、ケンタッキーフライドチキンの「カーネルおじさん」ことカーネル・サンダースのようになっていると話題になっている。
sawada_148
画像はhttp://news.livedoor.comより

カーネル・サンダース
sawada_147
画像はmatome.naver.jpより

17日当日は、「契約上の問題が発生した為」とだけ説明されていたが、18日になって沢田さん本人がインタビューに応じた。


沢田さんをめぐっては、2004年に茨城県水戸市で開催予定だったコンサートが、直前になり中止されたことがある。

このときも「ドタキャン」の理由は「観客が少なかったため」で、当時の報道によると「1700人あまりのキャパで700人しか入らなかった」、「お客さんをいっぱい入れるという条件で(企画会社が)コンサートを企画していたが、(客の入りが悪かったことで)沢田研二さんの事務所側が"話が違う"と開催されないことになった」という。


今回の中止理由をめぐっては、一部で「原発反対の署名をホール内でやろうとした(会場に断られた)」などという情報が拡散して話題になっていたほか、一部メディアは本人の体調の問題や警備上の問題などもありえると推測していた。

【参考記事】沢田研二コンサート中止の理由「契約上の問題」脱原発の署名がらみか、また観客が少なかったか、演出の問題か
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52575395.html


スポーツ報知の報道によれば、沢田さんはインタビューで以下のように述べた。

「動員に関する契約上の問題だった」

「(イベンター会社から)9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」

「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる。僕にも意地がある」

開場時間の午後3時半まで事務所、イベンター会社から予定通り開催するように土下座で懇願され、押し問答となったが、最後まで首をたてに振らなかった

なお振替公演が行われる方向。


前述の通り、沢田さんの容姿がまるでカーネル・サンダースおじさんのようだと話題になっている。

sawada_148
画像はhttp://news.livedoor.comより

カーネル・サンダース
sawada_147
画像はmatome.naver.jpより


ちなみに沢田さんといえば、昨年短髪にした姿が世間に衝撃を与えた。

sawada_3
画像は過去記事より

【参考記事】沢田研二の現在の短髪姿に衝撃「誰だよ」「もうジュリーじゃない」「時の過ぎゆくままになった」
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/50411004.html


沢田研二さんは京都府出身。京都府立鴨沂高中退。グループサウンズ「ザ・タイガース」に参加し1967年にデビュー。ザ・タイガース解散後の1971年にはソロデビュー。俳優としても活動。

ネットの声を聞いてみましょう。










































これだけ話題になったから、動員増えそう・・・・