先日の記録的な台風21号の高潮で浸水被害があった、兵庫県芦屋市の「南芦屋浜」という地区の住民が激怒しています。

激怒している理由は「兵庫県が作成したハザードマップで安全とされていたから土地を買ったのに、浸水した」というもの。

haz_7

haz_6
画像はtwitter.comより

周りは浸水の危険があるとされているの(色がついている)に、ここだけ色がついていない。

しかしネットでは、住民らの怒りに対して「バカすぎる」「埋め立て地は普通に浸水すると考えろ」「自然災害で絶対大丈夫な場所なんてあるわけがない」という声もあがっている。
南芦屋浜は、兵庫県芦屋市の人工島(埋立地)である。

兵庫県はハザードマップを作成したが、その際に測量会社が護岸の高さの測量をミス(実際より30cm低く計測)。ハザードマップでは全域が浸水エリアから除外されたという。


ただし、仮に正しく測量していたとしても、被害の多かった地区南側は浸水エリアにはならないという(北側の一部だけが浸水エリア)。それだけ、台風21号が記録的だった。あの関空水没の台風である。

【台風21号】関西空港、水没。連絡橋にはタンカー衝突。大規模冠水で数十センチの浸水の情報
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52417392.html


120年に一度の台風という新聞報道もあり、仮に正しくハザードマップが作られていたとしても今回のような被害は想定外だったと思われる。


MBSの報道によれば

兵庫県のハザードマップでは浸水が想定されておらず、住民も「水害の心配はない」と説明されていたという憤懣

県が住民説明会を開いて謝罪しました。

「なんでそういう売り方をされるのか。詐欺に近い行為だと思うんですけど、どうお考えですか?」(住民)

南芦屋浜は埋め立て地のため、毎年少しずつ地盤沈下しています。台風21号による浸水のあと、県があらためて護岸の高さを測量したところ、北側は3.97メートル、南側は5.03メートルと、ハザードマップからはさらにかけ離れた数値になっていることがわかりました

「数年後に数十センチ沈下することはわかっていたわけですよ。それを安全ですと言って売るのは詐欺に近い行為だと思うんですけど」(説明会の住民)

とのこと。

エアコンの室外機、自動車などの買い替えで200万円ほどの被害があった住宅もあるという。

県としては、ハザードマップの測量ミスは申し訳ないが、仮にミスがなくても今回の高潮は想定を超えるもので、いずれにしても浸水を防げたわけではない(ハザードマップ上も、浸水エリアになったわけではない)として、災害メカニズムなども検証し保証を検討するとのこと。


この件は、11月8日に放送されたフジテレの番組「とくダネ!」でもとりあげられた。


コメンテーターの古市憲寿さんは「(住民の)怒りもわかるんですけど、埋立地で、海沿いで、さすがに水害のない街とか、浸水のない街という文句を、素直に信じたらちょっと甘かったかなという気もしちゃう」と発言。

宋美玄さんも「ハザードマップっていうのは、ここは水害がないから住んでも絶対大丈夫という(判断の)ためにあるわけではないですよね?天気予報とか、地震の予知のように、"こう言ってたのに"ってハザードマップに文句をつけられても、そういうものではないし、そんなことだとハザードマップを作れなくなっちゃうと思うんですけど。(ハザードマップではなく)県がどれぐらい(安全だと)触込んだかが問題」とした。


番組に出演した弁護士によると、「パンフレットに(安全だと)明示されていたり、口頭で説明があったとすると、(販売した)住宅メーカーや県側の責任が出てくる余地がある」という。

住民らは県から「水害の心配はないと説明された」というが、具体的にどのような説明だったのかが焦点となる。

仮に、住民らがハザードマップを見て(勝手に)「安全」だと判断したということになれば、話は別である。


兵庫県のHPには、ハザードマップについて以下のように書かれている。

このマップ(浸水想定区域図)は、河川の堤防が大雨により破堤若しくは溢水等した場合に、どの程度浸水するかシミュレーションを行ったものであり、その浸水の範囲や深さについて、色分けして表示したものです。

なお、これらのシミュレーションは、水路などからの氾濫や想定を超える大雨、高潮等による浸水は考慮していません。さらに、シミュレーション実施以降の地形状況(宅盤標高等)の変化についても考慮していないため、地図上に着色がされていない地域においても浸水する場合や、地図上に表現された深さが実際と異なる場合があります。十分注意して下さい。



ネットでは、


「ハザードマップで安全だから大丈夫と思うのほんと馬鹿すぎる。一つの指標でしかないのにな」

「ちょっと安直過ぎるないかなあ。あんなところにあって水害が無いってどう考えてもおかしくない?」

「自然災害で絶対大丈夫な場所なんてあるわけがない」

「埋め立て地は普通に浸水すると考えろよ。ハザードマップどうこうじゃなくさ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。







































関空もああなってしまったし・・・・