11月8日に放送されたフジテレビの番組「バイキング」では、八王子で発生した中学生のイジメ問題を報道。

その際、ゲストとして出演したイジメ問題の研究家・内藤朝雄さん(明治大学文学部准教授)と、司会の坂上忍さんの論争があり物議を醸しています。

naito_9

sakagami_27

バイキングは、時事問題をコメンテーター(お笑い芸人、俳優ら)が論争のネタにして盛り上がるスタイルの番組。ただ、今回の件はイジメという深刻な事件なので、このようなバラエティで素人らが扱うことがよいのかという問題もある。
内藤朝雄さんの主張は、イジメや隠蔽が発生する原因として日本の学校(教育)の構造的な問題を指摘するものだった。「腐ったリンゴではなくて、腐った樽を直せ」という主張である。


問題を隠蔽しようとした学校や先生は非難されるべきではあるが、それをこのような番組で議論しても意味はなく(当然批判されてしかるべきではあるとしても)、構造的な問題を考えるべきだ、という主張。


一方、坂上忍さんの内藤さんに対する質問は「この学校の対応についてどう思うか?」などという具体的なもの。

おそらく坂上さんが期待していた答えは「とんでもない対応だ」とか「先生は○○すべきだった」とか「学校が隠蔽した理由は○○だ」とか、本件に関することを具体的に述べてほしかったのだと思われる。そのほうが悪者がわかりやすく、視聴者もスッキリすると考えたのかもしれない。

内藤さんがそのような言及を避けていると、坂上さんは「じゃあ亡くなったってしょうがないって言いたいの?」などと猛反発。



内藤朝雄さんの主張は上記の通り、個別の問題を批判、議論してもしょうがないと考えているようで(批判されるべきではあるが、叩いても叩いても構造的欠陥があるのでなくならないと考えている)、個別の具体的な批判や小手先の改善議論は避けて、イジメや隠蔽が起こる構造上の問題について話そうとしていた。


内藤さんが指摘する、現在の日本の学校の構造的欠陥は、学校が外の世界との関わりが少ない閉鎖空間となっていて、生徒はその中の人間関係だけが頼りとなってしまっているというもの。

また、先生は授業を教えるという役割のほか、警察、裁判所のような役割を課されてしまっている。先生たちも聖人君子ではなく、閉鎖空間における利害関係で動くのが人間なので、当然、イジメが発覚しないように隠蔽してしまう・・・・この構造を変える必要がある、というもの。


内藤さんはその方法論をいくつか示した。例えば、生徒のトラブルは先生ではなく別の外部団体が管理する、部活動を強制しない、といったもの。

詳しくは内藤さんの著書に書いてあるらしい。




内藤さんの発言に対して、坂上さんが(期待した答えではないので)さかんに遮ったほか、薬丸裕英さんらも「わかりづらい」「今そんな大きなことも言ってもしょうがない」といった態度で内藤さんに批判的な発言を繰り返し、他の出演者らも同調していたように見えた。


まさに、司会の坂上さんを頂点としたバイキングという閉鎖空間の人間関係の中で、坂上さんに同調し、内藤さんを叩くイジメが発生する構図が見て取れる、という意見もネット上にはある。


また、坂上さんは内藤さんに「あなたはいじめ問題を研究している方なんですよね?」などと暴言を吐く場面もあった。



ただ、最後には坂上さんは、内藤さんの意図がわかったのか「本、読みます。じゃあ。ちゃんと読むからもう一回(番組に)出てくれますか?いいともって言って」と約束。内藤さんも「はい。いいとも!」と応じていた。

内藤さんはまだ何か言いたそうではあったが、CMになってしまった・・・・・。


いじめ加害者を厳罰にせよ (ベスト新書)
内藤 朝雄
ベストセラーズ
2012-10-10




内藤朝雄さんとは。

日本の社会学者。明治大学文学部准教授。専門は、社会学、臨床社会学、心理社会学。いじめ問題ならびに管理教育問題に関する研究で知られる。

1962年、東京都に生まれる。愛知県立東郷高等学校を中退し、同高校在籍時代は愛知県各地で実施されていた苛烈な管理教育の洗礼を受けた。この体験が、後の内藤のスタンスへ大きな影響を与えることになった。

本田由紀・後藤和智との共著『「ニート」って言うな!』では「ニート」が大衆の憎悪の標的とされていることを挙げ、メディアによる憎悪のメカニズムの再生産の危険性について指摘した。(Wikipedia)



ネットでは、そんな二人の論争が話題になっている。坂上さんや出演者らに批判の声も多いようだ。ネットの声を聞いてみましょう。















































たしかにこの番組で議論しててもイジメはなくならなそう・・・・・