11月19日に放送された日本テレビの番組「スッキリ」で、数日前から「迷惑演説」が話題になっていた、茅ヶ崎市長選に立候補(無所属)した男性桂秀光さん(62)の問題がとりあげられ物議を醸しています。


迷惑演説とは「授業中の高校の前で拡声器を用いて選挙演説を行った」というもの。公職選挙法では、「病院や学校の前では静穏を保持するよう務めなければならない」とある。

katura_4
画像はtwitter.comより

桂さんに、スッキリの阿部祐二リポーター(60)が直撃取材を敢行した。桂さんはマスコミ批判を展開した。

選挙前の各報道によれば、桂秀光さんは元高校教師。

産経新聞の報道によれば、その主張は

信頼のおける行政、医療、福祉を掲げ、市長給与の半減、市街化調整区域の見直し、災害時の避難経路確保、交通弱者の移動手段確保

とのこと。また選挙ドットコムの情報によると

東京都品川区生まれ、東京都世田谷区、神奈川県茅ヶ崎市育ち、東海大学理学部化学科卒業、東京理科大学理学専攻科化学専攻修了、東京水産大学(現 東京海洋大学)大学院水産学研究科海洋生産学専攻修了、東京農工大学大学院連合農学研究科環境資源共生科学専攻(博士後期課程)修了。小田原少年院法務教官、東京都公立学校教員、化学兵器禁止機関OPCW費用負担招聘後援者、筑波大附属坂戸高等学校講師、東京海洋大海洋科学系海洋環境部門博士研究員、マレーシア政府招聘・クアラルンプール大学工学部駐在外国人講師などを歴任しました。現在は大学講師

という華麗なる経歴だ。

現在講師を務める大学とは、インドのコインバットゥール工科大学で「招聘講師」という肩書き。上記の通り、職業上、少年・少女に関わる機会も多かったと思われる。


彼が高校の前で、授業中に拡声器を用いて演説することは、数日前から話題になっていた。演説の主張は、

・もし自民系の候補が勝ったら、憲法改正を容認したと思われる

・その次に来るのは徴兵制度。10代、20代の皆さんは狙われる(徴兵される)

・(迷惑だと言われるが)私は真実を伝えているからそりゃ迷惑でしょうよ

・戦争に行かされて死んでしまうのは生徒の皆さんです。中高年のおじさんおばさんは関係ない


などというものだった。選挙権年齢が18歳に引き下げられたため、高校に在籍する一部の生徒には選挙権がある。

あるときは20分間、演説を行った。このような演説は一回だけではなかったようだ。


そんな彼の自宅に、阿部祐二リポーターが直撃取材を敢行した。桂さんが自宅玄関前で取材に応じた。

katura_4


桂「日本のマスコミや言論界の人は、有権者に情報を伝えない。選挙に行きましょうと申し上げた」
阿部「授業中だったのが問題」
桂「非難するのはわかるが、命の問題だと思っている。たとえば津波が襲ってきて東海道線が立ち往生したら逃げられない人が出る。今回もそうですよ。私は命の問題だと思ってる。授業は大事だが、長くは(演説を)やってない。反発する人もいる、とんでもないという人もいる、しかし誰が警告するんですか。いつさせてくれるんですか。自分たちが置かれた現状を伝えなかったらいけない
阿部「考え方を非難しているわけではない。考え方は自由、広報も自由、ただ、時と場合を考えないと。授業の妨害になる」
桂「授業の妨害をする権利はないかもしれないけど、私は命を守ったと思っています。あなたはマスコミで、偉そうに言ってるけど、あなたは全然命を守ろうと思わないわけだよ」
阿部「思ってますよ」
桂「思ってないよ。じゃあどうやって伝えるんですか?伝えられないです。あなたの言ってることは。机上の空論ですよ


バトルになっていった。


阿部「先生が、授業中だからやめてくださいって言ったとき、なぜすぐやめなかったんですか」
桂「私の言うことを伝えなかったら」
阿部「あなた自分のことしか考えてない!
桂「あなたが自分のことしか考えてないじゃないか。面白い番組作ろうとやってる!ここ編集しないでくださいよ!


阿部「学校の生徒達はみんな迷惑に感じてる
桂「どうやって調べたんですか?」
阿部「今聞いてきた」
桂「何人に聞いた?
阿部「何人とかじゃない。保護者から聞いてきた


自宅から桂さんの妻が出てきて、桂さんを自宅に入れようとしたが、バトルは続いた。

katura_7



阿部「迷惑に感じる人もいる
桂「感じる人はいるでしょ!感じる人はいる、感じない人もいる。良かったと思う人もいる。良くなかったと思う人もそれはいる。でもあなたは良くなかったという立場に立って取材して、面白おかしく番組作ってるわけじゃん
阿部「いや面白おかしいってわけじゃ」
桂「面白おかしいよ!これ見てる方からしたら視聴率バーっと上がるだろ!


桂さんは、妻に無理やり抱きかかえられて玄関に押し込まれつつも、以下のように語った。

katura_6


桂「言っとくけど、高校生にきちんと伝えなかったら、間違った投票する可能性が非常に高いわけですよ。それに対して"あんたは悪いんだ"と、そういう馬鹿なこと言ってるマスコミがいるから
阿部「いやいや」
桂「馬鹿なこと言ってるわけじゃんあなた!
阿部「授業の妨害をして」
桂「あなたの言ってること嘘だから!
阿部「嘘じゃない」
桂「いや嘘です。誰も教えてくれません!
阿部「放課後の時間でも」
桂「授業終わったら誰もいないじゃん」
阿部「いますよ。下校時を狙って、いっぱい歩くわけだから」
桂「下校しないでしょ。下校時ったってクラブ活動したりとか」
阿部「クラブ活動する人もいれば帰る人もいる」
桂「ダメだよ!あんたでたらめなこと言ったら!!ふざけるんじゃないよあんた!下校時ったってみんな一斉に下校するわけじゃないだろ!」



番組に出演した弁護士によると、今回の「迷惑演説」で警察が動き立件される可能性はある(弁護士のニュアンスだと「あくまで可能性ですけど」とのことで、高い可能性ではなさそうだが)。


今回の選挙には、桂さん以外に

元自民党県議の佐藤光氏(49)=自民、公明推薦=、一般社団法人顧問の鈴木毅氏(63)=立憲民主、自由、社民推薦、共産支持=

が立候補した。結果は以下の通りである。
katura_5


6676票集めたか・・・・。なお桂さんは4回目の立候補だったとのこと(すべて落選)。


ネットの声を聞いてみましょう。







































名物候補に成長するか・・・・・?