今年末をもってタレントとしての活動を終了し、プロデュース業などに専念するタッキーこと滝沢秀明さん(36)が、役員等の重要ポストに就任する新会社が設立されると、週刊文春が報じています。


その新会社の会社名とは「ジャニーズ・アイランド」。ジャニーズ事務所の子会社となる。

takki_69
画像はmatome.naver.jpより

略して、「ジャニアイ」・・・・?舞台名とかぶる(舞台 JOHNNYS' King & Prince IsLAND)。

もしくは「ジャニーズ島」とか「ジャニ島」とか・・・・?
滝沢秀明さんがタレントを引退する、ジャニー喜多川社長の後継者として指名された、などという報道は、8月に週刊文春が初めて報じた

その後、滝沢さんが社長になるのでは?と憶測が流れ、「ジャニーズ事務所」が「タッキーズ事務所」になるとも話題になった(ネタ)。


9月には「タッキー&翼」が解散していた。また、滝沢さんはタレントと裏方を兼務する「プレイングマネージャー」を拒否し、プロデュース業などに専念するとも報じられた。


一方、ジャニーズJr.をめぐっては、先月末に「Love-tune」が解散し全メンバーの退所が発表されていた。


今年は不祥事も多かったジャニーズ事務所。激動の渦中にあるようだ。

滝沢さんが就任するのは、そんなジャニーズJr.のための会社の重要ポストとされる。


週刊文春の報道によれば

来年早々にもジャニーズの子会社が設立され、滝沢が事実上のトップに就任する計画が進んでいることが、「週刊文春」の取材でわかった

社名は今のところ「ジャニーズ・アイランド」になる予定だという

「この会社が売り出す第1弾のアーティストは『SixTONES』と言われています。同社では、ジャニーズJr.のプロデュースの他、映画監督や脚本家なども育成する養成所を新設し、新しい才能の発掘にも力を入れます。すでに“Jプロジェクト”と呼ばれるジャニー氏直轄のチームが動き出しています」(ジャニー氏の知人)

とのこと。


SixTONESはジャニーズJr.内の6人組ユニット。京本政樹さんを父に持つ京本大我さん、田中聖さんの弟である田中樹さんらが所属している。2015年に結成。Jr.内の有力グループとされる。


滝沢秀明さんは東京都出身。1995年、13歳でジャニーズ事務所に入所。同年俳優デビュー。2002年にはタッキー&翼として歌手デビューした。2009年にソロデビュー。2018年に科学誌デビュー。ジャニーさんに愛されていたとされる。


一部では、この「ジャニーズ・アイランド」という会社名から連想し、同社移籍が「島流し」なのでは、という声もある。


「島流し」とは、もともとは犯罪人などを孤島に送り追放する流刑(流罪)のことである。日本でも運用されていた(明治時代に廃止)。

転じて企業・組織においても、出世競争に敗れた者や、規律違反者、組織に損失を与えるなどした者が、地方の子会社や閑職に異動させられることを例えたりする。


ネットでは、そんな滝沢さんのための新会社「ジャニーズ・アイランド」が話題に。


「なんか社名ださくないか?」

「アイランド?笑 え?なに  島流し的な?」

「舞台と混同するし、舞台の時から思ってたけどなんでそんなJr.を島に送りたがるのか…?」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。















































島は繁栄するか・・・・・?