大手芸能事務所「スターダストプロモーション」の6人組音楽グループ「超特急」が、「ポストSMAP狙う」とする記事がヤフーニュースで配信され物議を醸しています。

「ポスト○○」の意味とは、「○○の次」「○○の後」「○○の後釜」という意味であり、この言葉だけを見れば「超特急はSMAPのポジションの後釜を狙っている」と捉えることができます。

postsmap_95
画像はYahoo!トップより

ただ、記事の中身を見ると、「ポストSMAP」という直接的な言葉は出てこないため、「ポストSMAP」の文字はYahoo!トップなどに使われる記事タイトルの略だと思われます。

記事の著者はYahoo!ニュース特集編集部となっている。

記事は、正式には「揺れ動く男性アイドルの勢力図、6人組ユニット超特急は「新たな地図」を描けるか」というタイトルで、SMAP解散後にジャニーズ事務所を離れた元メンバーらの「新しい地図」にかかっているようにも見える。

記事の内容としては、「2016年末のSMAP解散により、日本の男性ダンスボーカルユニットの勢力図が変わりつつある」として、以下のように超特急を紹介している。

SMAP的なマルチな活躍もできるユニットとして注目を集めているのが「超特急」だ

(超特急メンバーや経歴、MVの紹介など)

テレビ業界は、往年のSMAPのような、音楽にもバラエティーにも、さらにはドラマにも対応できる、新たなスターの登場を待っている。ダサさとかっこよさを併せ持ち、活動の幅を音楽以外にも広げる超特急。男性ダンス&ボーカルユニットの新たな地図をめぐるニューカマーから、今後も目が離せない

全文は以下である。

https://news.yahoo.co.jp/feature/1192

記事の内容をよく読めばわかるが、決して本人たちが「ポストSMAPを狙っている」などということは書かれていない。ただ、彼らがこれからもさらに大幅に活躍の場を広げていくと、結果的にかつてのSMAPのようなポジションになる可能性はあると思われる(ちなみに現在、超特急メンバーの年齢は22歳~24歳である)。

記事に掲載されたMVの一つ。



ネットでは、そんな超特急の記事の「ポストSMAP」という言葉が物議を醸しており、


「ポストSMAPではない、絶対に!!!ありえん。超特急は唯一無二です」

「超特急本人達は絶対そういうこと言わないと思います!」

「ポストSMAP?いや、あのポジションというか、あの位置に立てるのはいないんじゃない?」

「本人たちからそんなこと一切言われてないのに、勝手に位置付け決めないでほしいなぁ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。


















































まあ反発されそうな表現だとは思った・・・・