1月7日に放送されたフジテレビの月9ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」(初回)に出演した、虎丸良平(警視庁捜査一課刑事)役の船越英一郎さん(58)が、うるさすぎたとしてネットで物議を醸しています。

funakosi_117
画像はフジテレビ公式サイトより

船越さんといえば「サスペンスドラマの帝王」と呼ばれるほどの俳優。しかしこれまでの主戦場は「2時間ドラマ」だった。いよいよ月9に進出してきた帝王だったが・・・・

「トレース〜科捜研の男〜」は、ジャニーズ事務所のアイドルグループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん(34)が主演するドラマである。視聴者層としては、普段から「月9」を観る層やサスペンス好きの層に加えて、やはり錦戸さん目当ての視聴者も多いと思われる。


番組公式サイトによると、船越さんが演じる「虎丸良平」とは。

疑いを持った人物を犯人と決めつけて捜査を行うなど独善的な考え方を持つベテラン刑事

これまでの経験で培ってきた”刑事の勘”に自負があり、客観的事実と証拠にこだわる真野(錦戸亮)と対立する

真野とは衝突が多いが、そのブレない信念と確かな腕にしだいに信頼を寄せるようになっていく。


ということで、初めは主人公と対立しているが、徐々に信頼関係が構築されていくという、ありがちなキャラだと思われる。


第1話では、錦戸さんが演じる真野と船越さんが演じる虎丸が捜査方針をめぐって対立。虎丸は科捜研をディスるような発言を連発するが・・・・(これ以上はネタバレなので記述は避けます)というストーリー。


そのなかで、この船越さんが演じる虎丸は

「いったいどういうつもりだ!勝手なマネしやがって!!」

「科捜研は言われたことだけやってりゃいいんだよ!!」

「これだから現場を知らない科捜研は甘いんだよ!!」


などと怒鳴る場面が何度もあった。

視聴者の間では、このキャラが不評となっている。


ネットでは、


「終始 船越さんがキレていたから、気分が嫌になる」

「船越さんの役の情緒が不安定だった印象しかない」

「クセが強すぎてめんどくさい。もっと静かに展開するほうが良い。ミスキャストかな」

「もう少し自然な演技出来ませんか 一人だけ大袈裟過ぎて観てるの疲れるよ」


などという声があがっています。一部では評価の声もあるようですが・・・・ネットの声を聞いてみましょう。

















































主人公と対極にあるキャラがほしかったんだろうか・・・・・