1月8日に放送されたNHKの番組「あさイチ」で、出演した女性お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」が、料理の「余熱」にかけて「余熱けんし」というダジャレをフリップで披露し話題になっています。

yonetu_119
画像はtwitter.comより

「余熱けんし」とは、もちろん、歌手の米津玄師(よねづ けんし)さんにかけたものである。

NHK的には、昨年の紅白歌合戦出場が直前に決まり、パフォーマンスが大反響を呼んだことが記憶に新しい。
この日のあさイチでは「アボカド」を特集。

その中で、「肉じゃが」のジャガイモをアボカドにした「肉アボ」が紹介された。

ただ、アボカドはジャガイモのように煮ると型崩れしてしまう。そのため、アボカドを煮るときはある工夫が必要なのだが、それは何か?という問題が出題された。


選択肢は「強火で一気に短時間で」「弱火でじっくり」「火を止めて余熱で」「大胆に皮ごと煮る」という4択。

その問題に対して、阿佐ヶ谷姉妹の回答は「余熱けんし」であった。

yonetu_119


コーナー司会を担当した副島淳さんは「阿佐ヶ谷姉妹さんは余熱で?余熱けんし?あれ?」と困惑。

スタジオでは「あれは(アボカドではなく)レモンでは(米津玄師さんが紅白で歌った大ヒット曲はLemon)」などと声があがった。

阿佐ヶ谷姉妹の二人は「ちょっと引っ張られちゃいました。紅白観ちゃったものですから」などと述べた。


その後、華丸さんも対抗して「堂本強火」、大吉さんも「松任谷強火で(?)」などと無理やり述べていた。


米津玄師さんをめぐっては、これまでもその名前の読み方を間違われたり、ネタにされたりしたことがある。

これまでは「こめず」「よねつ」「げんじ」「げんし」「ヨネ原人」「米津玄鰤(よねづ けんぶり)」などがあったが、「余熱」にかけるのは新しいパターンだ。

【参考記事】米津玄師の新しい言い間違いのパターン「ヨネ原人」水曜日のダウンタウンで発見される。意外と指摘されないと立証
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52082639.html

【参考記事】米津玄鰤(よねづ けんぶり)現る。志尊淳がSB新CMで「Lemon」を熱唱「可愛すぎる」の声。歌唱力も話題
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52718322.html


ネットでは、


「余熱けんしwww ジワるwww」

「余熱けんしって何www」

「ジワるわ確かに www」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



























今後も名前ネタ続出しそう・・・・・