「霊長類最強の女」と呼ばれ、世界選手権13連覇、五輪3連覇などの実績を誇るレスリング女子の吉田沙保里選手(36)が、現役引退を発表しました。

2016年のリオ五輪では4連覇を狙っていたものの、決勝で敗れていました。その後は2020年の東京五輪を目指して現役を続行していましたが・・・・・

yosida_127

後日会見が行われる模様。
吉田さんは1月8日午後、インスタグラムとツイッターで、これまで獲得したメダルの画像を投稿し、引退を発表した。





上記の通り、後日会見があるとみられる。

吉田沙保里さんは三重県出身。父親はレスリング選手・指導者の吉田栄勝氏(2014年に死去)。

3歳でレスリングを始め、世界ジュニア選手権で2連覇など子供時代から活躍。五輪3連覇、世界選手権では13連覇を達成した。

昨年には恩師の栄和人氏に文春砲が直撃していた。

【参考記事】レスリングの栄和人強化本部長、伊調馨にパワハラか。五輪5連覇に暗雲「事実なら追放しろ」の声も
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/51617242.html



ネットでは、吉田沙保里さんの引退発表に


「霊長類最強の吉田沙保里さんが引退したら誰が日本を守るんだよ」

「ほんと、ひとつの時代が終わる ってかんじ」

「引退寂しいけど今後のご活躍を楽しみにしています」

「最近テレビでよく見かけるからもう引退してると思ってたよ。特別驚かないな」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。

































そりゃあ平成も終わる・・・・・