1月11日に放送された日本テレビの番組「スッキリ」では、新潟県新潟市を拠点とするアイドルグループ「NGT48」の山口真帆さん(23)が、自宅に帰宅した時に男2人に襲われた事件について報道。

その際、山口真帆さんがTwitterに投稿(現在は削除)した文章の中の文言「そそめかしていました(そそめかす)」という言葉をそのまま放送し話題になっています。

sosomekasu_11
画像はtwitter.comより。

「原文ママ」との注釈があるが、ネット上でははからずも話題になってしまった。

番組では、この事件の経緯を報道。

【参考記事】NGT48山口真帆、男2人に襲われたか。他のメンバー関与の疑いも告発し物議。運営は「被害妄想」として処理か
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52899420.html

【参考記事】NGT48山口真帆を襲った男ら、逮捕され不起訴とNHK報道。告発証言と一致、他メンバー関与や運営の対応が焦点に
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52900041.html

【参考記事】NGT48、運営の不手際対策で「防犯ベル」支給に批判続出「冗談だろ」「意味ない」「そんなバカな」山口真帆事件
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52905438.html


その際、山口さんがTwitterでコメントしていた内容を画面に映した。山口さんのTwitterの原文は以下である。

sosomekasu_10

スッキリで放映された部分は以下である。
sosomekasu_11


水卜麻美アナはこの部分を読む際に「(ある)メンバーは、犯人に山口さんの家に行けと言っていたということを明かしていました」と、「そそめかす」を避けて「行けと言っていた」と解釈し発言。

一方、加藤浩次さんは「犯人をそそめかしていましたっていうことは、家に行ってそういった暴行を、何らかの脅しかなにかをしなさいって言った人間がいるということ」などと、「そそめかす」をそのまま述べた。

ただ、加藤さんがその後にもう一度触れた際には「これは、そそめかした、そそのかした人間っていうのは、罪には当然問われますよね」と発言しており「そそめかした」を「そそのかした」に修正した。


ちなみに「そそめく」という言葉は日本語としては存在する。「ざわざわする」「落ち着かない」という意味の他、「低い声で言う」「ひそひそ話す」という意味もあって、少しは状況に合致しそうだ。しかし「そそめかす(そそめかせる)」という使い方では、相手に対して「ひそひそ言わせる」という意味になってしまう。


やはりこの場合は「そそのかす(唆す)」を使用するほうが適切だと思われる。意味は「ある行動(悪い行動)をするように(相手に)勧める」というもので、この場合は「あるメンバーが犯人に対して、山口さんの家に行くように勧めた」という意味になり、山口さんの主張にふさわしい言葉である。


なお「ほのめかす(仄めかす)」という言葉もあり、これは「それとなく言う」「におわす」という意味である。「あるメンバー」は犯人にそれとなく言ったのかもしれない。

この「唆す」と「仄めかす」が山口さんの頭の中で合わさり「そそめかす」となった説もある。



ネットの声を聞いてみましょう。

































重要な部分の誤字なので、騒動に・・・・・