1月12日に放送されたフジテレビの番組「土曜プレミアム・人志松本のすべらない話」に出演した、お笑いコンビ「アインシュタイン」の稲田直樹さん(37)が、自らの「おでこの色」について語り話題になっています。

稲田さんが自らスマホの色判定アプリで試したところ「銀鼠(ぎんねずみ)」色だったとか・・・・・


稲田さん
inada_9

ちなみに銀鼠ってこんな色
inada_8


おでこの表面に、何か別のものが映り込んでいた可能性もあるが・・・・

稲田さんによると、よく先輩に「お前、おでこ何色やねん」と言われることがあるそうだ。

inada_11


稲田さんは「確かに自分でもわからない」ということで、ヘラヘラとごまかしてきた。しかしスマホアプリの「色彩メーカー」(アプリ名称は不正確かもしれない)という、色を識別できるものがあるらしい。


それでわかるんじゃないかと思い、自らおでこにスマホのカメラを当てて試してみたところ、漢字で「銀鼠」と出たとのことだ。銀でもなく、ネズミでもなく「銀鼠」である。

inada_8


ただし、稲田さんによると「銀鼠」と判定されたのは体調が悪かった時。コンディションの良いときにやってみると「甕覗き(かめのぞき)」色と判定されるらしい。

甕覗色(瓶覗色)ってこんな色。

inada_7


稲田さんによると「水をはった壺の底に、亀を沈めて、それを上から見たときの色」とのことだ。


稲田さんは大阪府出身。大阪NSC28期生。吉本ブサイクランキングの上位常連だった(最高位は2013年の2位。なおランキングは現在は廃止されている)。

inada_9


なお最優秀すべらない話(MVS)は稲田さんの「女装メイク」の話が選ばれた。

上述の「銀鼠の話」は前座的なもので、本編は「女装メイク」の話だった(近所の理容美容専門学校の女子生徒が、課外授業として稲田さんのお笑いライブの女装メイクを担当したが、彼を女装させることがあまりにも困難で、女子生徒が困惑して逃げ出し、先生に「これって成績に入らないですよね」と聞いていた話)。


ネットの声を聞いてみましょう。

























いろんな色があるものだ・・・・・