アイドルグループ「AKB48」および関連グループが過去10年間実施してきた「AKB48選抜総選挙」について、今年は実施しないと発表されました。

理由は「昨年開催10回を数え大きな区切りを迎えた」などとされていますが、ネット上では「NGT48の山口真帆さんに対する暴行事件」が尾を引いているのではないかと憶測が広がっている。

yamaguti_133
画像は過去記事より

山口真帆さんの事件をめぐっては、報道後も運営側の不適切な行為が指摘され、スポンサーが降りるなど収集がつかない事態になりつつある。


AKB48公式サイトによれば

昨年開催10回を数え大きな区切りを迎えたAKB48グループの毎年の恒例行事である『AKB48選抜総選挙』を、本年は実施しないことに致しました。


AKB48グループは、ファンの皆様が心から応援したいと思って頂けるようなグループになれるよう、引き続き日々精進して参りたいと思っております。

とのこと。


「ファンの皆様が心から応援したいと思って頂けるようなグループになれるよう」という箇所は、山口真帆さんの事件への反省ともとれるが・・・・・

指原莉乃さんは以下のようにツイートしている。




色々なことの整理、説明ができていない中での開催はもちろんできないので仕方がない」などの言葉は、やはりNGTの問題が念頭にあるものとみられる。

総選挙がないことで、スターになるべき人がその機会を失うという危惧もある。


なお総選挙をめぐっては、昨年1位の松井珠理奈さんの得票数(194453票)が一昨年の指原莉乃さんの得票数(246376票)を大きく下回ったほか、テレビ中継の視聴率も下落傾向(第5回から、20.3%→16.2%→18.8% →17.6% →13.2% →11.0%)となっていて、人気の陰りも指摘されていた。


ネットでは、


「NGTの件が解決に至ってないから、やらないというよりできないわな」

「NGTのメンバーが1人でもランクインすれば問題再燃。山口真帆が不参加でも問題再燃。山口真帆が出たら間違いなく上位入りで問題再燃。運営は中止以外の選択肢がない」

「NGTの件を終息させた上で総選挙やるべきだと思う」

「NGTの件関係なく今年は総選挙無いんじゃないかなとは思ってた。世界選抜までやった事で出尽くした感あったからなあ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。





































なお来年の予定は未定とのこと。