3月14日に放送されたフジテレビの番組「アウト×デラックス」に、女優の遊井亮子さん(42)が出演。


彼氏が家に来ても「すぐに帰ってほしい」「できれば1時間以内で帰ってほしい」という独特の恋愛観を告白したのですが、ネット上では彼女に対する共感の声が続出しています。

yui_595
画像はtwitter.comより

自分でも「こじらせている」という自覚はあるようだが・・・・。

遊井さんは東京都出身。1995年にフジテレビビジュアルクイーン(日テレジェニックのようなもの)に選ばれた。

「白線流し」「甘辛しゃん」「レッド」「コード・ブルー」などこれまで200本以上のドラマ作品に出演している名バイプレーヤー。

yui_596


そんな遊井さんだが、せっかく彼氏が家に遊びに来たとしても「(彼氏が)玄関開けた瞬間に、"どのぐらいでこの人帰ってくれるんだろう"と(考える)」という。

高橋ひとみさんは「わかります。来てくれるより行くほうがいいの、好きなときに帰れるから」と発言。遊井さんも強く同意していた。


最大でも5時間、できれば1時間以内で帰ってほしいという。


付き合った当初ならいいが、1年2年経つと「話すことも特にないですし」とのことだ。だが「好き」な気持ちはちゃんとあるらしい。


彼氏に「ちょっとだけ顔を見たい」と言われて会ったとしても、「このあと何時間もいるんでしょう?」という気持ちになる。

yui_597


ただ、彼氏に「帰ってほしい」とは言えないそうだ。そのへんの「罪悪感はちゃんとある」とのこと。


そのため「彼氏に帰ってほしいときは、台本を読み始めてピリピリ感を出す」「家に泊まりに来た時は、酒を飲ませて酔わせ早く寝てもらう(寝ればいないのと一緒)」「居留守を使う」「実家に帰る」などの対処を行う。


また、交際を始めるときも独特だ。「付き合ったときに、別れるときのことをまず考える」という。以前彼氏と別れられず2年間ぐらい粘られ、(別れたくないという旨の)長文のFAXが送られてきたこともあり、さらっと別れてくれるタイプの男なのかが気になるそうだ。


また、結婚観については「結婚して幸せな人って、本当にそんなにいますかね?」と発言していて、結婚は考えていないようすだった。

yui_595



ネットでは、そんな彼女の恋愛観に共感の声が続出していて、


「言ってることめっっっちゃ分かる」

「共感できすぎてやばい」

「共感の鐘が鳴り止まない」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。





























なおマツコ・デラックスさんは19年間彼氏なしらしい(後のことを考えるとめんどくさくなるとか)。