世界的ミュージシャンの坂本龍一さん(67)がツイッターで、ピエール瀧容疑者の逮捕によって出演作品が出荷停止等になっている状況に「なんのための自粛ですか?電グルの音楽が売られていて困る人がいますか?」などと反発する意見を表明しています。

pieru_605

ネット上では、彼の意見に賛否の声があがる(賛成が多い)とともに、「電気グルーヴを電グルと略す派だったのか」という声もあがっている。電気グルーヴのファンら、および公式的には「電気」と略すことが多いようだ。

坂本龍一さんツイートは以下の通り。



坂本龍一さんと「電気」をめぐっては、2012年の脱原発集会でのスピーチが知られる。

このスピーチで坂本さんは「電力の自由化(料金、発電送電分離、地域独占)」や「家庭や事業所での自家発電」が進めば、それによって「原発に頼らない電気を選ぶことができる」などと発言。

その際、「言ってみれば、たかが電気です。たかが電気のために、なんで命を危険にさらさなきゃいけないのでしょうか」「たかが電気のために、この美しい日本、そして国の未来である子どもたちを危険に晒すようなことはするべきではありません」などとも述べた。


この「たかが電気」の部分が、電気の必要性を軽視しているとして批判されたことがある。

参考動画



ネットでは、ピエール瀧容疑者をめぐる坂本さんの発言が話題に。


「珍しくいいこと言ってる」

「電グルって言う派だった」

「「たかが電気ですよ」言わないんかな」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。

































電気との縁は切れない・・・・・