3月22日に放送されたテレビ朝日の番組「列島警察捜査網 THE追跡 2019春の事件簿」に登場した、「ショーツ返却男」という下着泥棒がキモすぎるとして物議を醸しています。


この男、一度下着を盗んだばかりではなく、ある理由で元の場所に「返却」もしていたという・・・・
shohen_27
画像はtwitter.comより

事件は鹿児島県で発生した。

・被害者は20代女性。庭先に干していた洗濯物の中から、お気に入りのショーツが盗まれた。被害は2回に及んだ

・地元警察によると、ただの下着泥棒でもエスカレートして大事件に発展する可能性があり、慎重な捜査が必要だ


・被害女性宅に監視カメラを設置し捜査していると、早速3回目の被害が。しかしなぜか、一度盗まれたショーツが、数時間後に戻ってきていた


・この犯人が「ショーツ返却男」である。60代、白髪頭の男。なんと被害者宅から1~2分の距離のマンションに住んでいることが判明


・捜査員は「ショーツ返却男」宅をガサ入れ。その最中、男はなぜかベッドの上にあぐらをかいて座り、動こうとしない

shohen_27

・捜査員が男をベッドからどかすと、そこに手提げ袋が隠されており、その中からショーツ25枚、ストッキング5枚の合計30枚が見つかった。すべて盗品だった


・さらに、犯行当時の服を押収するため「ショーツ返却男」を着替えさせると、なんと男は女性物のパンツを着用していた

shohen_29

shohen_30


・捜査員が「(履いているのは)女性ものとかじゃないですよね?」と聞くと、男は「ブリーフ型のパンツ」と主張

・捜査員が改めて「女の人のやつですよね?」と聞くと、男は「そう?」とすっとぼけた
shohen_31


・こうして31枚目の下着が押収された


・男によると、犯行は10年前から繰り返していたという

・そしてショーツを返却した理由は「履き心地が悪かった」からだとのことだ。
shohen_28


履き心地の悪さは、フィット感の問題なのか、素材の問題なのか、そこまでは明らかにならなかった。今後の捜査が待たれる



ネットでは、そんな特殊な下着泥棒が話題に。

ネットの声を聞いてみましょう。































一度男が履いて返却された下着、気づかずに履いていた女性もいただろうな・・・・・