4月18日に放送されたNHKの番組「クローズアップ現代+」では、「毒親」について特集。

毒親とは、英語でも「toxic parents」といい、子供に対する過干渉、暴言・暴力、ネグレクト(育児放棄)などがある親のこと。

この番組の後半で、司会の武田真一アナ(51)が自身の子育てに「反省」や「後悔」を口にする場面があり、さらに涙まで・・・・

takata_89
画像はtwitter.comより。目を潤ませる武田アナ。

武田アナも2人の子供を持つ父親だ。が、番組内で感情的になり、涙まで見せるとは異例だ。
番組では、毒親とは何か?、(子供の立場で)どうやって毒親を乗り越えればよいか?、そして(親の立場で)毒親にならないためにはどうすればよいか?というテーマを扱った。

武田アナが感情的になったのは、最後の「毒親にならないために」のテーマの時だった。


武田アナは「私は、毒親という言葉にものすごく抵抗があって、耳にするたびに一人の親としてズタズタに切り裂かれるような痛みを感じるんですね。親っていうのは、本当に子供に愛情をもって一生懸命育ててる・・・・んですよ」と発言。

番組に出演していた専門家の先生に対して、「先生、親っていうのは、精一杯子供に期待して、子供を愛して、育てるもんじゃないんですかね?」と、いつになく感情をあらわにして質問した。


先生は「親子といえどもそれぞれ特性をもっている。子供に的外れなことを押し付けることになるかもしれない」などと返答。ゲストの東ちづるさんは「今、えっ、と思ったのは、愛と期待は別物だと思うんですよ」などと発言。


武田アナは「単に期待っていうとそうかもしれないが、例えば今の社会、ものすごく複雑になって自分たちの頃よりもっと生きていくのが大変じゃないかっていう、心配なんですよ。だから、子供には、もっとこうしたほうがいいんじゃないかとか、もっと英語やITを勉強したほうがいいんじゃないかとか、いろんなこと言ってしまう。それが期待といえば期待なんですが。親の不安を反映したものでもあると思うんですよね」と真意を説明。


先生は「それが結局、子供にとっては押し付けになってしまう」と発言。武田アナは「押し付けかぁ。そっかぁ、ただ反省することばかりですね・・・・でも、適量というのは本当に・・・・」と力なくつぶやいた。


武田アナはその後も「私のように、子供もある程度大きくなって、子育てにいろんな後悔もあります。どういうふうに乗り越えていったらいいのか」と発言。このあたりから涙ぐんできたように見える。


先生は「間違ってもいい、それを修正する勇気が必要」と助言。東ちづるさんは自分の母親が毒親だったといい「後悔や"間違っていた"ことを子供に伝えてくれると、子供は新しい扉が開く」と発言。


それらを聞いた武田アナは「親・・・・親って、大変ですよね。泣けてきた。親が泣いてどうするんだという気もしますけど」と言いながら指先で涙を拭った。


終盤では、「本当に考えさせられました」「自分の子育てを省みるってものすごく辛いことだと思いますが、もし子供が苦しんでいるとすれば、そこに向き合うというのは、親として最後のというか、ずっとなくならない務めなのかなというふうにも、感じました」と少し涙声で発言。


番組の最後には「ありがとうございました」と言ったあと、しばらくして「泣けた」と発言した。


武田真一アナは熊本県出身。筑波大卒。1990年にNHKに入局。

正午のニュースなどを歴任。「貴公子」などと言われファンも多い。


ネットでは、そんな武田アナが話題に。


「武田アナの涙。少しびっくり。なんかあるのかな」

「武田アナがただの親の顔になってグイグイ質問してて、一体おうちで何があったんだと思ってしまった。いや、気持ちは分かる気がするんだけどね」

「なぜか熱入りすぎてると思ったら、泣くとこまでいくとは。よほど自身の子育てに思うところがあったんだろうなあ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。





































ご家庭で何かあるのか、何もなくても反省があるのか・・・・