4月19日に放送されたTBSの番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に、元アナウンサーで昨年8月に芸能界を引退した小林麻耶さん(39)が10年ぶりに出演。

昨年7月に結婚した旦那さん、國光吟(くにみつ・あきら)さん(35)も一緒に出演して話題になっています。國光さんはテレビ初出演。

kobayasi_113
画像はtwitter.comより

小林麻耶さんは新潟県出身。青学大卒。大学在学中に明石家さんまさんが司会を務めた「恋のから騒ぎ」に出演し、その後TBSに入社。2009年にフリーとなり、昨年芸能界を引退。妹は2017年に亡くなった小林麻央さん。

夫の國光さんは4歳年下で、昨年7月に「交際0日」で結婚したと伝えられている。

番組では、そんな國光さんがテレビ初出演。麻耶さんによると「ほんとうにやさしーーーい人です。何を言っても動じないですし。穏やかーーーで、しかもゆったりしているので一緒にいるとすごく癒やされて」「一緒にいるとホッとするような」人だとか。


テレビカメラの前に現れた國光さんは「よろしくお願い致します。(職業は、整体師の仕事を)自分のサロンでやってます」と、穏やかな声で話した。サロンはマンションの一室にあり、紹介制。

kobayasi_115


スタッフの質問に対して、とてもゆっくりとした喋り方で回答していた。

参考動画



夫婦が通うハンバーグ店の店員によると「いつもすごく仲がいいなと思って見てます。ラブラブな感じです」とのことだ。

國光さんはハンバーグについて「僕は肉が赤いまま食べてしまうタイプで、麻耶ちゃんはしっかり焼くタイプ」などと、どうでもいい話をしていた。


麻耶さんはこれまでまったく料理をしなかったが、現在は夫婦で料理教室に通っているという。慣れない包丁を握った麻耶さんは、アジを三枚おろしにするだけで手が疲れてしまった。すると、國光さんは整体の知識を用いて妻の手をマッサージしてあげていた。


また國光さんは、麻耶さんがなにかするたびに「頑張れ、頑張れ」「すごい」などと応援したり褒めたりしていた。


番組によると今回の結婚には、妹・麻央さんの旅立ち(2917年)が関係しているという。

麻耶さんは「1周忌を迎えて(2018年6月)、その時に(妹が)いなくなってしまったことに向き合うことになったので・・・・」「妹の天国からのプレゼントだと、本当に思いました」と話していた(詳しくは次回放送されるようだ)。


小林麻耶さんが國光吟さんと結婚したのは、妹・麻央さんの1周忌の翌月、2018年7月のことだった。


ネットでは、そんな夫婦が話題に。旦那さんについては


「めちゃくちゃ優しそう」

「良い感じの旦那さんと出会えてよかったですね。色々週刊誌に書かれて大変だったけど、妹さんが出会わせくれたんですね」

「こんな人と付き合いたい……癒されたい…」

「優しさで溢れてる」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。

































麻耶さんのインスタには度々旦那さんも登場しています。