4月20日に放送されたフジテレビの番組「土曜プレミアムIPPONグランプリ」の決勝で行われた新競技「芸人自己紹介大喜利」がネット上で大反響を呼んでいます。


平成最後の決勝となった今回は、ネプチューン堀内健さんとロバート秋山竜次さんが決勝に進出。

horiken_143
画像はtwitter.comより

その決勝戦の第3問で行われたのが「芸人自己紹介大喜利」だった。

これは新たな企画だった。二人が即興で、交互に、架空のコンビ名と名前を言うというもの。漫才の開始のときのような感じで、コンビ名と名前を名乗り合う。

その判定はチェアマンの松本人志さんが「○」「×」で行う。松本チェアマンが「×」の判定を下した時点で、相手が一本となる。


新企画ということで心配されたが・・・・・


参考動画



堀内「カフェインボーイズのパッキンパッキンです」

秋山「あ、どうも、ガードレールのウチコシです」

堀内「森のフェアリーズのシカノバンビです」

秋山「関西だしのタケです。お願いします」

堀内「ヌシのガンマンハセガワです」

秋山「あ、100メートル走のランニングカワハラです」

堀内「噂の東京マガジンズのコシミズアキラです」



松本さんの判定はすべて「○」。

この辺から、松本さんが「終われへん、終われへん」と言い出した。だが戦いは続いた。


秋山「サクサクラングドシャのチカです」

堀内「メキシカンスマッシュのゴトウタコスです」

秋山「えー大型冷蔵庫のタケボウです」



松本さんの判定はすべて「○」。

ここで松本さんが「ちょっと待って!終わるのこれ」と一旦中断。しかしすぐに「おもろいねん、俺。ごめん、もうちょっと見させて」い戦いは続けられた。


堀内「世界で誰かがウエーティング、コイケユニバースです」

秋山「あ、ご挨拶よろしいでしょうか。全身デニムのシゲちゃんです」



松本さんの判定はすべて「○」。他の芸人らは「何してんのこれ?」と騒ぎ出した。


堀内「テレフォンコミュニケーションズのマゴコロ夫人です」

秋山「ポンポコダイヤルのカワベシンジです」

堀内「まだまだ未熟のサチョパです」



松本さんの判定はすべて「○」。そして松本さんは「もうドローやわ!ごめん!終われへん。ずっと見てられるもん」と、ついに競技を中断した。


松本さんさんは「ごめんごめん、もう二度とやれへんから」と発言。秋山さんは「正直これ、僕たちもいくらでもいけます」と述べていた。

参考動画




今大会はホリケンさんが優勝。


決勝後、松本さんは感想を聞かれ「謝らないといけないのは、芸人自己紹介。二度とやらないんで。僕は楽しかったんですけど、まさかの終われないっていう。一時間でもできるもんね」と述べていた。


ネットでは、そんなIPPONグランプリの新企画が話題に。


「おもしろすぎるwww」

「またやってほしいww」

「一生笑ってられるwww秋山とホリケンだからってのもあるがww」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



































これだけの新大会あるか・・・・