社会現象を巻き起こしたドラマ「おっさんずラブ」の映画版に、俳優の沢村一樹さん(51)と志尊淳さん(24)が参加すると発表されています。

新キャストの参加は事前に予告されていて、SNS上で後ろ姿だけが公開されていた。

ossan_6
画像はおっさんずラブ公式ツイッターより

ただ、一部のファンからは新キャストについて「そういうのいらない」「ラブバトルなんていらない」「 はるたん(田中圭)と牧くん(林遣都)だからいいのに」などという声があがり、ファンの間でも物議を醸していたようだ。

そのように不安の声があった中での新キャスト発表。

映画ナタリーの報道によれば

今回新たに2人の“おっさん”が加わり、五角関係の恋の嵐が吹き荒れる

沢村は現場の様子を「皆さんの人間関係や人間関係を超えたラブみたいなものが出来上がっているとすごく感じました。今回は仲間というよりは、少し敵対するような役柄ですので、みなさんの輪の中にずっと入っていられないのが残念なのですが、楽しく演じさせてもらっています」

志尊も「普段のみなさんの関係性が作品に色濃く反映されていると感じる現場です。今回映画から参加させて頂くということで、チームのみなさんの空気感に早く馴染めるように心掛けました。(田中)圭さんが率先してコミュニケーションをとってくれて引っ張って下さいますので、安心して付いていかせて頂いています」

とのこと。

なおタイトルは「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」に決定したとのこと。

ossan_7


沢村一樹さんはコント番組「サラリーマンNEO」でのセクスィー部長役で知られる。一方、志尊淳さんはNHKのドラマ「女子的生活」(2018年)にトランスジェンダーの役で主演している。


前述の通り、事前には不安の声もあった新キャスト発表。


発表後、ネットでは歓喜の声が多数あがっており、不安は一蹴された模様。ネットの声を聞いてみましょう。

































映画「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」8月23日公開です。