日本におけるマイクロソフト製品の営業、マーケティングなどを担当する日本マイクロソフト株式会社(東京都港区)が、試験的に8月を週休3日制にすると発表。

nihonms_24
画像は日本マイクロソフト公式サイトより。

週休3日!と聞いて「採用情報」をクリックしてみると・・・・
nihonms_25


英語のページに飛ばされてしまった。「日本」MSとはいえ、英語ができることが前提のようだ。

日本マイクロソフトは従業員数2100名あまり。4500億円を売り上げる。

Impress Watchの報道によれば日本マイクロソフトは、

働き方改革を推進する自社実践プロジェクト「ワークライフチョイス チャレンジ 2019夏」を実施

同社全正社員の8月の勤務形態が週勤4日、週休3日制となり、金曜日は一律休み

この休みは特別有給休暇として取られることになり、通常の有給休暇とは区別される

ただ単に8月の金曜日を休みにするというわけではなく、社員には1日増えた休みを使って、自身の質向上を問う

きちんと目標を与えた上で、それを実行するプロセスを示さなければ意味をなさないとした

とのこと。

つまり、ただ休みが増えるだけではなく、目標管理も行われるとみられる。

具体的には

休みが増えることで仕事をする時間が20%少なくなり、これまでの仕事量を維持した上で、達成することが目標の1つ

普段の仕事をするなかでいかに生産性を高めつつ、休みの日に創造性を高めたられるかが重要

とされている。

目標管理がされる背景としては、以前の失敗例があるようだ。

日本マイクロソフトでは、かつて社内に座席を定めないフリーアドレスを導入したさいに、座席を固定しないことを目的として導入してしまったせいで成果が得られず、社内からも不評だった



週休3日はうれしいことだが、普段の生産性を高めることも求められる・・・・・。ただ、生産性に対する意識の低い職場にいてイライラしている人達にとっては、生産性を高める意識と、休日と、両方を手に入れられる羨ましい環境かもしれない。



ネットの声を聞いてみましょう。
















































いずれ8月以外も週休3日になるのだろうか・・・・