タレントの高田純次さん(72)が交通事故を起こし、その後の対応で不誠実な態度を見せていたなどと、週刊文春が報道しています。

被害者の証言によると、いわゆる「当て逃げ」のようだが、高田さんは当て逃げを否定している。

最近、高齢者の運転トラブルが相次いで報道されているが・・・・

takada_207
画像はmatome.naver.jpより

テキトーな物言いで人気の高田さん、示談交渉でもテキトーぶりが発揮されてしまった・・・・・?
高田さんは東京都出身。劇団やサラリーマンを経て32歳の遅咲きでTVデビュー。俳優やバラエティ番組で活躍。

現在は所属事務所「テイクワン・オフィス」の代表取締役。同社にはかつて麻木久仁子さん、高嶋ちさ子さん、岸部一徳さんらが所属していたが、現在公式サイトに掲載されているのは、高田さんと俳優の西秋元喜さん(51)のみ。


週刊文春の報道によれば、事故があったのは首都高速道路。被害者の証言によると

左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました

約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさん(被害者)と応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

とのこと。被害者は全治2週間の怪我。なお高田さんは2009年と昨年にも交通事故を起こしているという。

被害者は、高田さんとの会話をスマホで録音したとのこと。

文春が公開した動画によると、高田さんはその会話で「これ、もちろん全部(被害者の車)直します」「それと、今、20万持ってます。だめでしょうか?」「それで、ある意味、ナッシングって言い方おかしいですけど・・・・」など発言している。



なお高田さんは「当たった認識がなかった」などと「当て逃げ」を否定したが、事故を起こしたことは認めているとのこと。被害者側は告訴を検討しているようだ。



ネットの声を聞いてみましょう。

























高齢運転者が注目されている今、ワイドショーの格好のターゲットになりそう・・・・