株式会社ビーケージャパンホールディングス株式会社バーガーキング・ジャパンが運営するハンバーガーチェーン「バーガーキング」が、5月後半に大量閉店すると話題になっている。

公式サイトの「店舗紹介」のページを見てみると、現在ある99店舗中22店舗を閉店するようだ。

bagakin_1
画像は公式サイトより。

茨城県などは全滅。大阪は6店舗中4店舗が閉店するなど壊滅状態に。

「バーガーキング」はマクドナルドに次ぐ世界2位のハンバーガーチェーン。

1990年代には西武グループの西武商事日本たばこ産業(JT)が、米本社と契約し日本での事業を展開した。だがいずれも米本社との対立があったとされる。経営悪化により、2001年に撤退


その後、日本のロッテなどがバーガーキング・ジャパンを設立し2007年に日本再進出。2010年には韓国のロッテリアが買収し子会社化していた


2017年には香港の投資ファンド「アフィニティ・エクイティ・パートナーズ」が日本での運営権を米バーガーキング本社から取得していた。

当時の日経の報道によれば「出店拡大に乗り出す」「運営体制を見直して日本マクドナルドを追撃」などとされていたが・・・・。


また、今年2月にビーケージャパンホールディングスの代表取締役が交代していた。ビーケージャパンホールディングスとバーガーキング・ジャパンの役割分担は、公式サイトの「お問い合わせ」によると以下である。

株式会社ビーケージャパンホールディングス
店舗開発、新規店舗出店、新規フランチャイズの育成、メニュー開発、販売戦略について。

株式会社バーガーキング・ジャパン
その他カスタマーサポート全般。


今回の大量閉店、バーガーキング公式サイトではIRでは告知されていない。

閉店の状況を詳しく見てみると、以下である(50%以上閉店の都道府県は太字)。

茨城県では3店舗中3店舗を閉店し全滅
埼玉県では12店舗中2店舗を閉店
千葉県では7店舗中3店舗を閉店
東京都では37店舗中5店舗を閉店
神奈川県では10店舗中2店舗を閉店
岐阜県では2店舗1店舗を閉店
京都府では1店舗あった店を閉店し全滅
大阪府では6店舗中4店舗が閉店
兵庫県では2店舗中1店舗を閉店


ネットの声を聞いてみましょう。



























再び撤退の予感が・・・・