5月17日に行われたサッカーJ1の浦和レッズー湘南ベルマーレで、明らかな誤審があったとして物議を醸しています。

以下の画像である。これがノーゴールと判定された。
yamamoto_24

別の角度から。
yamamoto_25

これは湘南ベルマーレの杉岡大暉選手のシュートの時の画像。このゴールが認められず。

主審は山本雄大さん(36)。後述するが日本サッカー協会に所属する10人のプロフェッショナルレフェリーの一人。副審は中野卓さんと川崎秋仁さん。第4の審判員は熊谷幸剛さん。

状況としては

・湘南が0-2でリードされて迎えた前半30分

・杉岡選手がペナルティエリアの少し手前からシュート

ボールは右のゴールポストに当たって跳ね返り、ゴール内の左のサイドネットを揺らした

・しかし主審はノーゴールの判定。ゴールラインを割っていないと判定した模様

・湘南は猛抗議し、主審が副審に確認する様子もあったが、結局ノーゴールの判定

・なお試合は、湘南が3-2で逆転勝ち!逆転のゴールは後半アディショナルタイムだった。


参考動画














報道によると、この試合の主審は山本雄大さん。
yamamoto_26
画像は日本サッカー協会公式サイトより。プロフィールは以下となっている。

生年月日:1983年3月4日
出身地:京都府
2008年 1級審判員資格取得
2015年~ PR

PR=プロフェッショナルレフェリーのこと。プロフェッショナルレフェリーとは、同サイトによると以下である。

JFAは、トップレベルの審判員が審判活動に専念できるよう、「プロフェッショナルレフェリー制度」を導入しています。プロフェッショナルレフェリー(PR)は自身のレベルアップに励みながら全国で講義を行うなど、日本の審判界全体のレベルの向上にも貢献しています。現在、主審10人、副審3人がプロフェッショナルレフェリー(PR)として契約しています。



例によって、Wikipediaは大荒れになってしまった。

yamamoto_18


yamamoto_19


yamamoto_20


yamamoto_21


yamamoto_22


yamamoto_23



JFAの資料(PDF)によると、山本さんの経歴は以下である。

京都府相楽郡木津町 (現・京都府木津市)生まれ
2001 年 京都府立城陽高等学校卒業
2000 年 4 級審判員取得
2003 年 3 級審判員取得
2004 年 2 級審判員取得
2007 年 JFA レフェリーカレッジ入学(2009 年 12 月修了)
2008 年 1 級審判員取得
2011 年 国際主審登録
(2015年~ PR)


大学サッカーや高校サッカーの決勝、U-19の国際大会などでも主審を務めている。2008年 第10回日本フットボールリーグ優秀レフェリー賞。

なお副審は中野卓さん、川崎秋仁さん(おそらく今回のゴールに近い位置だったのは川崎さんだと思われる)、第4の審判員は熊谷幸剛さんとのこと。


ネットでは、そんな大誤審が話題に。

ネットの声を聞いてみましょう。







































これはさすがに懲罰あるだろうな・・・・・