5月18日に行われたNGT48山口真帆さん(23)菅原りこさん(18)、長谷川玲奈さん(18)の卒業公演で、欅坂46の8thシングル「黒い羊」が歌われたとして話題になっている。

この曲の歌詞には「僕だけがいなくなればいいんだ」「そうすれば止まっていた針はまた動き出すんだろう」「真っ白な群れに悪目立ちしている自分だけが真っ黒な羊」「白い羊なんて僕は絶対になりたくないんだ」「目配せしている仲間には僕は厄介者でしかない」などという、今年1月からの例の事件を想起させる。

yamaguti_133
画像は過去記事より

最後にこれをもってきた山口さんに、ネットの声は・・・・・?

山口さんへの暴行事件は昨年12月に発生。今年1月に山口さんが自ら告発するなど、運営の対応には疑問の声があがっていたほか、メンバー間での対立もあったと報道されている。


歌詞に当てはめると「黒い羊」が山口さん自身だとすれば、白い羊は「つながり」のあったメンバーや運営だろうと思われる。

【参考記事】NGT48、メンバー36名が「つながり」供述。12名の名前があがるも処分は「不問」とされ物議「自首しろ」の声も

【参考記事】会見中に山口真帆が暴露ツイート「松村匠取締役に謝罪を要求された」「繋がってるメンバーは解雇する約束だった」


結局、黒い羊は卒業を余儀なくされた。

NGT48山口真帆と擁護派の長谷川玲奈、菅原りこ卒業「最悪の結末」「理不尽」「新潟県民なめてんの?」批判殺到


なお「黒い羊」の歌詞全文はうたまっぷ参照。


以下の参考動画は欅坂46「黒い羊」MV。

今年2月にリリースされたばかり。例の事件がまさに炎上中のときだ。


そしてこの歌が、山口さんの卒業公演で歌われた。
参考動画。









スポニチの報道によれば、この公演では

本編最後の曲で、それまでのポップな曲とは全くテイストの違う、欅坂46の楽曲「黒い羊」を披露

プライズゲストとして、同期の1期生から日下部愛菜(17)、小熊倫実(16)、角ゆりあ(18)が、後輩の2期生の高沢朋花(15)とドラフト3期生の高橋七実(17)を招き入れた

レッスンでケガをしてパフォーマンスはできなかったが、2期生の渡辺歩咲(18)も紹介

手紙を読むために登壇した同期の村雲颯香(21)と計7人を、いわゆる、山口がファンとのつながりを疑っていない“山口真帆選抜”として、事件後に初めてSNS以外でファンに示した

とのこと。



ネットでは、そんな山口真帆さんの卒業公演が話題に。


「ああいうことがあっての卒業公演に有志がサプライズ参加してみんなで歌うのが「黒い羊」って、メッセージ性むちゃくちゃ強いな」

「あまりにも彼女達の状況にピッタリすぎて震えたし意志の強さ感じましたね」

「完全にまほほん黒い羊でしたね NGTが解散してまほほんが幸せになればいいなー」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。





































NGTは今後どういう活動をするのだろう・・・・・