現在は月曜日~土曜日の週6日放送されているNHKの「連続テレビ小説」通称「朝ドラ」について、来年前期(4月~)放送の「エール」(窪田正孝さん主演)以降は週5日の放送となると、朝日新聞が報道しています。

土曜日の放送は廃止され、ダイジェストが放送される方向とのこと。

tabe_33

働き方改革の一環なのだとか・・・・・。
連続テレビ小説の放送時間の変遷。

・1961年「娘と私」:月曜~金曜、8時40分~20分間、1年間
・1962年「あしたの風」~:月曜~土曜、8時15分~15分間、1年間
・1975年「水色の時」~:月曜~土曜、8時15分~15分間、半年間
・2010年「ゲゲゲの女房」~:月曜~土曜、8時00分~15分間、半年間

もし本当に「エール」が週5放送となれば、57年ぶりの土曜廃止となる。

土曜日がない分、話数も少なくなると思われる。


朝日新聞の報道によれば

大きな理由の一つがNHKが進める働き方改革。長時間になりがちな制作現場の負担を軽減する狙いがあるという

新作放送を取りやめた土曜日は、その週のダイジェスト版を放送する方向で調整中だという

とのこと。


ちなみに土曜日は、平日に放送されている「あさイチ」がなく、「チコちゃんに叱られる!」(再)が直後に放送されている。

したがって土曜日は「あさイチ」での朝ドラ受け(出演者らが感想を述べる)がない。


また、「チコちゃんに叱られる!」では最近「働き方改革のコーナー」があり、CG制作が大変なチコちゃんの顔が映らないコーナーとなっている。

「チコちゃん」は、本放送より再放送のほうが視聴率が良いとされ、それは土曜の朝ドラからの流れがあるからだという見方がある。朝ドラの土曜放送廃止は、どう影響するか・・・・・?



ネットでは、そんな朝ドラの週5化が話題に。

歓迎の声も多いようだ。ネットの声を聞いてみましょう。































成果を減らすのも改革か・・・・・