5月24日に行われた大相撲夏場所13日目の関脇・栃ノ心ー前頭八枚目・朝乃山の一番で、誤審があったのではないかと物議を醸しています。

行司は栃ノ心に軍配を上げたものの、審判団から物言いがついて判定が覆りました。

toti_230
画像はtwitter.comより

栃ノ心にとっては、大関復帰をかけた大きな一番だったが、この日の復帰はならなかった。一方、優勝争いをしている朝乃山にとっても負けられない一番だった。
立会いから朝乃山が攻め、栃ノ心は土俵際に追い詰められたが、そこですくい投げ。逆転で勝利したかに見えた。

もし栃ノ心が勝ちなら、10勝目をあげて大関に復帰できる一番だった(大関は2場所連続負け越しで関脇に陥落するが、直後の場所で10勝をあげれば大関に復帰できる)。


行司は栃ノ心に軍配を上げた。栃ノ心は小さくガッツポーズをしていた。

ところがすぐに物言いがついた。

toti_230


NHKの中継では何度も同じ場面をリプレイ。解説席の高砂親方(元大関朝潮)は「(栃ノ心の足が土俵外に)ついてるかついてないか微妙、ちょっとわかりずらい。(土俵の外の蛇の目に)跡は残ってませんからね」と発言していた。

その後何度もVTRを見るうちに高砂親方は「いや・・・・残っ・・・ているように見えますけど。テレビ(ビデオ)で見た感じではですね」と自信なさげながらも「残っている」側で発言。


審判団の協議はかなり長引き、約6分間に及んだ(ビデオを見るのではなく、土俵上で話し合っていた)。

客席からは「もう一回やれ!!」と怒号が飛んだ。


その後、阿武松審判長(元関脇益荒雄)が「只今の協議について説明いたします。行司軍配は栃ノ心に上がりましたが、栃ノ心のかかとが出ており、行司差し違えで西方力士の勝ちと決定いたしました」と説明。判定は覆った。


栃ノ心はこれで9勝4敗となり、大関復帰は残り2日にかかることになった。朝乃山は11勝2敗、優勝争いに残った。


栃ノ心は取組後、判定に不満のようすで「出てないよ」と怒りの表情で話したという。


高砂親方は「(出てないようにも見えるが)微妙なところですね。私達がどうこういうことじゃなくて、審判の人がそう結論を下したわけですから」と発言していた。


もちろん、我々がテレビで見る決まった角度からの30fps程度の映像と、審判団に見えているものは違うとは思うが・・・・。


このシーンを巡っては、ネット上にいろいろな画像が拡散している。以下のような画像も拡散していて、これを見た人は「残っている」と思っても仕方ない。
toti_231


別の画像。これは微妙だ。
toti_230


その他の画像
toti_235
toti_236



ネットでは、この判定に不満の声が多いようで、


「栃ノ心かわいそうに、、どんだけ見ても踵残ってるよ」

「とんでもない誤審!」

「大相撲もビデオ判定すれば良いのに!」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



































判定の納得性が求められる時代か・・・・・