プロ野球・巨人の元投手で、FXなどで知られる東郷証券の実質経営者とされる林泰宏容疑者(58)が逮捕されました。


hayasi_101
画像はTBSの報道より

林容疑者をめぐっては先週、産経新聞が「東郷証券の男性取締役(57)を金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で近く立件する方針を固めた」「取締役は元プロ野球選手で、昭和54年に投手としてドラフト1位で巨人に入団し、引退後は証券業界に転身」などと報じていて、ネット上では林容疑者の名前があがっていた。

ただし、一軍での登板は1度もない。

林泰宏さんは熊本県出身。尼崎市立尼崎高卒。1979年のドラフト会議で巨人から1位指名。1軍への昇格がないまま1984年に近鉄へトレード。その後自由契約となり、大洋の入団テストを受けて合格したがまたすぐに自由契約に。

巨人時代に元アイドルの黒木真由美と結婚。後に離婚している。


引退後は、小林洋行などを経て、2005年に入や萬成証券(現:ばんせい証券株式会社)社長に就任。

時事通信の報道によれば

外国為替証拠金取引(FX)で生じた顧客の損失を補填(ほてん)したとして、東京地検特捜部は20日、金融商品取引法違反容疑で、中小証券の東郷証券(東京都港区)の取締役で実質経営者の林泰宏容疑者(58)=東京都渋谷区=ら4人を逮捕した

東郷証券はFXで生じた複数の顧客の損失を穴埋めした疑いがある

とのこと。

金融商品取引法では、顧客の損失補填を禁止している。損失補填をうたった顧客勧誘は、投資家の自己責任原則が害され、かえって投資家に不利益になるといった理由。有罪となった場合、懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金が科される。


ネットの声を聞いてみましょう。



































巨人からコメントあるか・・・・?