7月21日に投開票が行われる第25回 参議院選挙の政見放送がNHKで放送されたのですが、その中で政治団体「オリーブの木」の女性局長・若林アキ氏(53)が突然、振付つきで歌を披露して話題になっています。


「年金ビーナス」こと若林アキ氏。
oribu_192
画像はtwitter.comより

若林氏はまず「みなさま、年金のこと心配ですか?私はみなさまの年金を守る年金ビーナスになります」と発言。


政見放送によると、彼女はをOL経て公務員になったという経歴があるという。


労働問題を研究する「労働政策研究・研修機構」で働いていたが、そこでは全員遅刻、昼休み3時間、毎日10分しか働かないなどの実態があり、天下りの役人はお気に入りの女性職員を連れて毎月税金で海外旅行をしていたとのことだ。

厚生労働省のデータ改ざん問題があったが、そのもとになる研究をしていたのが労働政策研究・研修機構だとのことで、真面目に研究すると役人や政治家に都合の悪いデータが出るので改ざんをもとめられる、そのため真面目な職員は辞めていったとのことだ。


若林氏は週刊誌に実態を内部告発し、その後はジャーナリストになり税金無駄遣いの取材を続けているとのこと。


役所にはまだ無駄遣いがたくさんあり、このままでは年金が消えてなくなると訴え、「年金を守る守護神、年金ビーナスになります」と宣言。


そして「次にテーマソングを歌います」と表明し、「笹の葉さらさら」の歌詞で知られる「たなばたさま(七夕様)」の替え歌を歌った。


「オリーブさらさら」
oribu_192

「年金守る」
oribu_193

「役人様 困るけど国民笑顔」
oribu_194


歌唱後「ちょっとつたない歌になりましたけど、失礼しました」と発言。若林氏によると天下り団体に使われる国費は年間12兆円、消費税7%分にあたるといい、増税反対とのことだ。


若林アキ(若林亜紀)氏とは。

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。在学中はメディア・コミュニケーション研究所で学ぶ。また、週刊朝日編集部にてアルバイトを経験。長谷工コーポレーションに就職

その後、日本労働研究機構に転職。週刊誌(週刊朝日)への匿名での内部告発がきっかけとなり、2001年自主退職

予備自衛官補を経た予備自衛官でもある

(2010年)みんなの党から比例代表候補として出馬したが、落選

2013年、日本維新の会で2013年東京都議会議員選挙三鷹市選挙区からの出馬したが、落選(Wikipediaより)


複数のテレビ番組出演経験があり、著書も10点ある。
実録事業仕分け
若林 亜紀
ダイナミックセラーズ出版
2010-04-05









ネットの声を聞いてみましょう。

































いろんな選挙手法があるものだ・・・・・