7月20日に行われた「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが謝罪会見は、二人が涙するなどかなり深刻な雰囲気の会見になった。

そんな中、「TBSテレビ アッコにおまかせ!のサイトウ」を名乗る記者(リポーター?)が宮迫さんに「不倫はオフホワイトでしたが、今のお気持ちを色で表すことは可能ですか?」と質問し物議を醸しています。

番組のツイッターアカウントは炎上中
saito_33

アッコにおまかせ!は1985年から放送されている和田アキ子さんの冠番組。毎週日曜日11時45分から放送されている。
会見の終盤、記者から以下のような質問があった。

TBSテレビ アッコにおまかせ!のサイトウと申します。今日の記者会見のことでいくつかお伺いしたいんですけども、今日二人だけで記者会見をやろうと決めたのはいつだったんでしょうか?あと、この会場に決めた理由とかって?」


この質問に対して宮迫さんは「2日前に決めました」「経験がなかったので、いろんな知り合い、いろんな人たちに聞いて。立場もあるんで、この状態の僕たちに協力するのはリスキーなのに、いろんな人が動いてくれて、手伝ってくれて、狭い場所で申し訳ないと思っています。今日、ここしか場所が、無理でしたのですみません」と回答。


すると記者はさらに以下のように質問。

「二人だけの手作りの記者会見で、苦労したこととか、大変だったこととかありますか?


宮迫さんは「手探り状態でしたので、僕ら二人ではできなかったので、協力してくださった方々に感謝しかないです」と回答。


記者は「会見場の費用も二人で支払った?」と質問。宮迫さんは「もちろんです、はい」と回答。


そして記者は問題の質問をした。

サイトウ「もしお答えできたらで結構なんですけども、宮迫さんの不倫報道があったときに、"オフホワイトです"というお答えをしていましたが、今のお気持ちを色で表すことは可能ですか?

宮迫「すみません。あの、本当に謝罪をしたいという会見でしたので、ちょっと話が違いますので、すみません、申し訳ないです」

サイトウ「失礼しました。ありがとうございます」


参考動画(アッコにおまかせ!サイトウ記者の質問は2時間34分ごろから)


「オフホワイト」とは、2017年の宮迫さんとモデルの小山ひかるさんとの不倫報道において、宮迫さんが週刊文春の記者に直撃された際、文春の記者が「本当に真っ白(潔白)ですか?」と聞いたところ、宮迫さんは純白ではなく少し色がかかっているという意味で「えー、オフホワイトです」と回答したことに由来する。

宮迫博之、小山ひかると不倫は「オフホワイト」。バイキングで「記者に張られている」と暴露されていた【文春砲】


会見内容としては、宮迫さんと田村亮さんが詐欺被害者をはじめたとした人々に「謝罪」をし事実を伝えるという趣旨で、実際そのように進行していた。

そんななか飛び出した「どんな色?」との質問に批判の声が続出、番組のTwitterは炎上している。

saito_33



記者会見での記者の質問は、いろいろと物議を醸すことがある。今回もつまらない、答えようのない質問が多数あった。

近年最も物議を醸した質問は、「嵐」の活動休止会見での「無責任」質問。

嵐活動休止記者会見で「無責任」質問、スポニチのクワバラ記者と判明。とくダネ!が記者の所属と名前も放送


ネットの声を聞いてみましょう。



































アッコにおまかせ!で放送されるだろうか・・・・?