7月21日のフジテレビ「ワイドナショー」は、緊急生放送された。

前日の「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんの謝罪会見の後、松本人志さん東野幸治さんは吉本興業に行き、岡本昭彦社長らと話したという。

matu_51
画像はtwitter.comより


松本さんは番組内で「松本興業」構想や、「芸人ファースト」への思いを語り話題になっています。

松本さんは番組内で、以下のように語った。

「(昨日吉本興業本社で言ったのは)芸人のギャラの問題、会社が変わらないといけないという話、一番大きいのは岡本社長に会見をさせなさいと。じゃないとこの会社ダメだと言いました」

※番組内で岡本社長の会見が、翌日に行われると発表された。

「あと、吉本興業内にもう一個、まあいわば松本興業じゃないですけど、僕の部署を作ってくれとそこでやらかした子たちとか、イエローカードの子たちを、俺が引き取るから、保証人になるから、ちゃんと活かしたってくれと。お笑いを愛する人間を、自分からやめるならともかく、上から言われてクビっていうのは僕は絶対違うと思うから。それは言いましたし、会社はそれは受け入れてくれたんで

「ただ、聞いたら(明石家)さんまさんも割と同じようなことおっしゃってくれてるみたいなんで。だったら僕がさんまさんとこ行ってもいいかなと

明石家さんま「何があっても宮迫の味方」「アメトーークは俺がやる」「うちの事務所に宮迫ほしい」ヤングタウンで発言


また、岡本社長の「連帯責任で全員クビ」発言についても言及があった。

【宮迫・亮会見】吉本興業・岡本昭彦社長の発言が暴露される「俺にはお前ら全員、連帯責任でクビにする力があるんや」

東野幸治さんは「信じがたい発言ですし、吉本側の反論も聞いてないのでなんとも言えないが、そんなに驕り高ぶった言い方で、いつからそんなに偉そうになったんだと」と発言。

松本さんも「そんないつからあいつら偉そうになったのかっていう思いは僕もあって、昨日も会社行って言ったんですけど、"とにかく芸人ファーストじゃないと何の意味もない"と、"芸人いてのあんたたちでしょ"っていうのは絶対に言わないといけないし」と発言した。


松本さんはさらに、宮迫さんらが金銭を受け取ったことを認めたが、吉本側は静観するという姿勢だったことに触れ「僕はそのときに、"だったら俺ちょっと、吉本におれないかもしれないかも"って言ったの。"僕はもうこの吉本興業にはいたくないかも"って言いました。"考えさせて下さい、こんな会社じゃ僕は絶対ダメやと思うから"って」と発言。すると次の日に、宮迫さんらの謹慎が発表されたという。


ネットでは、松本人志さんの「松本興業」構想や「芸人ファースト」思想に多くの共感の声があがっている。

ネットの声を聞いてみましょう。



































反社をどう断ち切るか、解決しないといけない問題もありそうだが・・・・・