自作自演のパワハラ・セクハラ事件を捏造した「炎上商法」で物議を醸していたYouTuberグループ「レペゼン地球」(首謀者:DJ社長)およびロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」が、ツイッター上で謝罪しています。


画像は公開されていた動画のキャプチャ。現在動画は削除されている。
djs_37


一連のパワハラセクハラ案件が、手のこんだ「炎上商法」だと明かされて以来、レペゼン地球の多くのファンらは「さすがレペゼン地球」だと熱狂した一方、マキシマム ザ ホルモンのファンの多くは「がっかりした」「ショック」という声をあげていた。

また、一部のファンらは「なぜこれが炎上するのか」を理解できていないようだ。
経緯:

・7月17日、ライフグループという事務所に所属するジャスミンゆま氏が「同じ事務所のDJ社長にセクハラやパワハラを受けている。もう限界。事務所をやめる」などと告発。

・告発ツイートにはLINEのキャプチャ画像も掲載されていて、DJ社長から「ホテルに行こうと誘われた(10回以上)」というセクハラや、(二人で飲みたいという)「社長の言うことが聞けねーのか!!」という恫喝、パワハラが記されていた


・これを見たジャスミンさんのファンや、一般のツイッターユーザーたちは彼女を心配し、本気で助言する人がいたりした

DJ社長には批判が殺到する一方、ジャスミンさんにも「だったら事務所に入るなよ」「1回ぐらいええやん」などと批判の声やDJ社長擁護の声があがった

・つまり炎上状態となったのだが、これが彼らの狙いだった

レペゼン地球のDJ社長、パワハラ・セクハラで告発される。ジャスミンゆま「10回以上ホテルに誘われた」「もう限界」


・翌日になり、DJ社長は謝罪動画を投稿。坊主頭(あとで坊主のカツラだとわかる)で「ジャスミンがTwitterで言っていた内容は全て事実」「誠に申し訳ありませんでした」などと謝罪

・レペゼン地球のファンらは「女がセクハラとかどうでもいい。こいつのほうが面白い」「気にするなよ」「応援し続ける」などと擁護の声が多数

レペゼン地球のDJ社長がパワハラ認め謝罪「しくじり先生」予告は消える。活動再開は「関係各所と話し合っている」


・7月20日、再び動画が公開された。それはミュージック・ビデオ風のつくりであり、その中で一連のセクハラ・パワハラが自作自演のでっち上げであり、目的は「炎上商法」だと明かされた(動画は既に削除されている)

・動画の中では、(元々彼らのことが嫌いだった)アンチと、セクハラ・パワハラを批判した人たちを「ねえどんな気持ち?」などと煽っていた

・この動画に、マキシマム ザ ホルモンも登場。マキシマムザホルモンがレペゼン地球を叱る、というストーリーだった

レペゼン地球・DJ社長のパワハラセクハラ騒動は炎上商法だった。ジャスミンゆま出演の動画が公開される。賛否の声


・レペゼン地球のファンらは、炎上という目的を達成した彼らに「さすがレペゼン」だと熱狂する一方、マキシマム ザ ホルモンのファンらは「がっかり」「ショック」との声をあげた

マキシマム ザ ホルモンがパワハラ・セクハラ炎上商法に加担。被害者を傷つける様な手法、レペゼン地球DJ社長らの動画


MVの中でセクハラやパワハラが行われて、それをマキシマムザホルモンが叱った、というわけではない。

現実の世界の出来事として「セクハラ・パワハラ」があったと捏造され、数日間炎上させた上で「炎上商法でした」「ねえどんな気持ち?」と煽ったことが物議を醸している。マキシマム ザ ホルモンはそれに加担してしまった形だ。



・7月21日、謝罪ツイートが発表されている。



概要:
・多くの方に不快な思いを与えてしまい申し訳ない
・多くの方を傷つけることになってしまった
・特にハラスメント被害にあった方には不快な思いをさせてしまった
・今後この様なことがないよう全力で努力

・たくさんの人の気持ちを踏みにじったことを反省
・動画を最後までチェックしなかった詰めの甘さを後悔
・叱られたことに感謝
・気持ちを入れ替えてがんばります



謝罪文を読むと、レペゼン地球が行った炎上企画全体を把握していないようにも見える。




概要:
・皆様に不快な思いをさせて申し訳ない
・マキシマムザホルモンのファンで、絡みたくてパロディ曲を作った
・想定の10倍炎上した
・マキシマムザホルモンにまで批判がいくとは思っていなかった
・それが申し訳なかったのでMVを削除した
・マキシマムザホルモンに絡んですみませんでした!!!!!!



レペゼン地球は所詮YouTuberでありどうでもいいという意見が多いが、彼らに言いくるめられ炎上商法に加担したマキシマムザホルモンについては、失望の声が続いている。

ネットの声を聞いてみましょう。







































#MeTooも終わりか・・・・・