7月22日、吉本興業岡本昭彦社長が記者会見。

宮迫博之さん、田村亮さんらに言ったとされる「テープ回していないだろうな」という発言は「冗談だった」と釈明しました。

一方、「全員クビ」発言は「父親が息子に"勘当や"というか"ええかげんにせえ"という感じだった」などと釈明しました。

okam_56
画像はtwitter.comより

ネットではこれらの発言に批判の声が続出している。

7月20日の会見で宮迫さんから暴露された、岡本社長の発言は以下の記事参照。

【宮迫・亮会見】吉本興業・岡本昭彦社長の発言が暴露される「俺にはお前ら全員、連帯責任でクビにする力があるんや」


まず、「テープ回していないだろうな」発言について聞かれた岡本社長は、以下のように述べた。


「"テープを録ってんちゃうの?"っていうのは、僕的には、そのミーティングに参加をして、その打ち合わせがなかなか進んでなかったので、喋りづらいのか、環境が違うのか、なのでその4人に退出してもらって、僕一人と、彼ら4人で向き合ったときに、一つは冗談で、"テープ録ってんちゃうの?"って言ったら、まったく受け入れられず、笑われることもなく

「一方で、僕としましては、そこに至る経緯が、そもそも彼らの"もらってない"っていうこと(嘘)から始まり、その後"もらってる"になったこと、金額等なかなか判明しないこと、会社としては全力でやりながらも、どこかにもしお互いに不信感があるんだったら、それは良くないと思いながら、そういう冗談といいますか、和ませるといいますか、でも、そういうことを・・・・」


ここで質問者が「わかりました。ありがとうございます。リポーターの石川敏男でした」と打ち切った。


また「全員クビ」発言については以下のように述べた。

「"(クビにする)力がある"ということは、そういう言い方は、そういうことは言わない。ないと思います。ただ、"クビにするぞ"って言った経緯としては、ミーティングの膠着、スタッフ4人と彼ら4人での話を10分ぐらい聞いていたが、亮くんは"会見したい"とか"金額を言いたい"とか、宮迫くんは"まあまあ、それはちょっと"とか、リリースの文章をどうしたいとか、それぞれがそれぞれのことを、ずっと話をしていて、本当に大事なことというか、反社会的勢力の方からお金を取られた被害者の方がおられるということが、そのやり取りを見ていて、あまり感じられなかったので、それで4人に(部屋を)出てもらって、僕のダメなところなんですけど、和ませようとしたの半分、"テープ録ってんちゃうん?"みたいなことから、"いやいや、自分らいい加減にしようよ"っていう話をしていくなかで、あまりにも、彼らの不安な気持ちがわかりながらも、被害者の方への思いみたいなものが、伝わってこなかったので、家族というか、身内というか、"もうええかげんにせえ"と、個人バラバラで言うんやったら"勝手にせえ"と、それやったら、"会見するんやったら全員クビや"って言ったんですけども、僕としては、身内の感覚的なところと、相手の思いが、そういうこと(発言)では伝わらなかったということは、まったくもって、僕の反省しなければならないところ」

「僕自身は、まったくそういう(圧力をかけた)つもりはなくて、(中略)お金をもらったことはものすごくダメなことですので、そのことにおいて(中略)そのやり取りを見ていて悲しいというか、情けないというか、父親が息子に"勘当や"というか"ええかげんにせえ"という感じだったので、それは結果相手に伝わってないってことは、僕が思ってる彼らと距離感と彼らが思ってる距離感がギャップがあったと、それは僕が、大いに反省しなければならないと感じています」


ネットの声を聞いてみましょう。





































関西だとこれが冗談だと思えるのだろうか・・・・?