7月22日に行われた吉本興業の記者会見には、岡本昭彦社長のほか、執行役員・法務本部長の小林良太弁護士も出演。

冒頭での経緯説明という大役を果たしたほか、岡本社長から度々話を振られるなど大活躍。

kobaya_61
画像は後掲の動画より。

メガネを取った姿も。
kobaya_63


一部では「イケメン」だという声もあがっていた。

だが、会見の後半になり記者から厳しい質問があると、マイクを持つ手が震えてしまう可愛い一面も・・・・・。
7月20日の宮迫博之さん、田村亮さんの謝罪会見では、亮さんが「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主やから(会見を中継させても)大丈夫」などという発言が吉本幹部からあったと暴露していた。


この発言について、吉本側は「当社の株主には放送局もおり、公平を期して、時間帯に配慮しなければならない」という旨の説明を、宮迫・田村側の弁護士にしたという。


会見の後半では、記者から「なぜテレビ局側に配慮が必要だという説明をしたのか?」と質問があった。

この質問に対して、岡本社長は小林弁護士を回答者に指名。

小林弁護士はマイクを震わせながら「えっと、ま、可能な限り、な、生中継をするのであれば、配慮は必要だと。ということはま、と、当然の配慮だとは思っております。ただそれが達成できない、もっと優先すべき利益がある、場面も当然出てくるだろうと、それはそう考えております」と回答。

記者はさらに「優先すべき利益は、不祥事の謝罪をすることではないのか?それをなぜ優先しなかったのか?」とつっこんだ。


小林弁護士はさらに手を震わせながら「時間帯の調整・・・・を言っておりますので、ひ、日にちをずらすとかそういう趣旨でもないですし、か、可能な限り調整をするというのは、まあ、と、当然なのかなあというふうな考えではおります、はい」と発言した。少し半笑いだったかもしれない。


参考動画。



ネットでは、そんな小林弁護士が注目されてている。ネットの声を聞いてみましょう。





































イケメン弁護士としてブレイクするだろうか・・・・・?