芸人らが反社会的勢力から金銭を受け取った問題やその後の対応の不手際を受け、7月22日に吉本興業岡本昭彦社長らが会見。

その会見中、芸人らがネット上でいろいろ発言しているのですが、特に注目されている発言が以下。

misusa_67
芸人楽屋、ミスターサタンの試合かってくらい冷めた空気が流れている。


R藤本さんは吉本所属のピン芸人。「ドラゴンボール芸人」として知られる。

「ミスターサタン」はドラゴンボールの作中の人物なのだが、ネット上では「ミスターサタンに失礼」との反論の声もあるようだ。

R藤本さんは福岡県出身。1981年生まれであり「ドラゴンボール世代」。関西大学中退。

「アンパンマン」のジャムおじさんのものまね芸人を経て「ドラゴンボール」のベジータものまね芸人。


一方、ミスターサタンは漫画「ドラゴンボール」作中の人物で、一般的な地球人の中では最強とされる格闘技の世界チャンピオン。世界的な人気がある。

misusa_66

だがドラゴンボールの主要キャラクターたち(いわゆるZ戦士)と比べると、その実力はとてつもなく低いため、彼らからは冷めた目で見られている。

R藤本さんはそのミスターサタンの試合を、社長会見を見る芸人らの楽屋に例えた。

misusa_67


なおこの会見では、他の芸人らもいろいろツイートしている。





たむらけんじさんはテレビ番組で「残念な会見」「遠まわしに言い訳っぽく聞こえる」などと発言。

トレンディエンジェル斎藤さんは別のテレビ番組で「僕はこの会社なんだと、情けない」「回りくどいことばっかり言って」などと発言している。


一方ネットでは、R藤本さんの「ミスターサタンの試合」発言について、


「ミスターサタンの試合でももうちょい盛り上がってそうなんだよなぁ」

「これは比べられたミスターサタンに失礼」

「ミスターサタンの試合は一応観客だけは盛り上がってたから」


などという声もあがっています。ネットの声を聞いてみましょう。




























そのうち社長をかばっている芸人もピンチに・・・・?